2014年01月28日 09:00

国内トップクラスの喫煙所システムメーカー トルネックスが 主力商品「トルネード カウンター」を省エネ仕様にフルモデルチェンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社トルネックス(代表取締役 松井周生)は、オフィス、商業施設の喫煙室に多数ご導入いただいている喫煙所システム「トルネード カウンター」を省エネ仕様にフルモデルチェンジ、2014年2月1日より販売開始いたします。 また、全国販売に当たって2月18日から21日まで東京ビッグサイトで開催される展示会「HCJ2014」に出品致します。

株式会社トルネックス(代表取締役 松井周生)は、オフィス、商業施設の喫煙室に多数ご導入いただいている喫煙所システム「トルネード カウンター」を省エネ仕様にフルモデルチェンジ、2014年2月1日より販売開始いたします。
また、全国販売に当たって2月18日から21日まで東京ビッグサイトで開催される展示会「HCJ2014」に出品致します。

今回発売いたします新型「トルネード カウンター」は、人体検知センサに加えほこりセンサを搭載、喫煙者が多ければ強運転、少なければ弱運転と利用人数に合わせて省エネ機能を強化。
さらに、製品サイズはコンパクトながら、吸込み口に人工竜巻を形成することで広範囲の吸引効果を実現しているだけでなく、排気面積を広くして排気風速を遅くすることにより、吸い込み気流を乱さず、効率良く煙を捕集できるように設計しています。デザインを一新し、天板は高級感のある木目に、本体色は従来のシルバーから汚れの目立ちにくいブラックメタリックに変更。
新型「トルネード カウンター」は、ハイタイプ・ロータイプ共に 税抜価格620,000円。全国の販売代理店、販売店を通じて、2月1日から販売開始致します。合わせて大風量タイプのトルネックスカウンター 30m3/minタイプ、場所をとらない最小タイプのクリーンキューブもモデルチェンジをいたします。

2011年3月11日の東日本大震災以降、原子力発電所が停止し、火力発電の燃料費が大幅に増加した影響で、電気料金が値上げされています。最近では、東京電力が昨年9月1日から家庭や商店・事務所向けの電気料金を平均8.46%値上げしており、原子力発電所が再稼動されない場合、燃料費増加による更なる値上げの可能性もありますので、コスト削減のためには節電対策は急務です。

また、本商品は、厚生労働省が2013年から開始した全ての中小企業事業主が対象となる「受動喫煙防止対策助成金」の助成対象として認められています。今後は、助成金の支給要件を含め、「新しい職場における喫煙対策のためのガイドライン」に適合した排気設備や仕切りを備えた省スペース、省エネタイプの喫煙室が求められます。
新型「トルネード カウンター」の特徴
■製品仕様
■株式会社トルネックスについて
代表取締役社長 松井周生
103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6-6 小倉ビル  WEB: http://www.tornex.co.jp

■この件に関するお問い合わせ
株式会社トルネックス 担当:マーケティング室 島田(しまだ)
TEL: 03-5643-5800 / FAX: 03-5643-5801 / E-MAIL: customer@tornex.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社 トルネックス(カブシキガイシャトルネックス)
代表者
松井 周生(マツイ チカオ)
所在地
〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町6-6 小倉ビル
TEL
03-5643-5800
業種
製造・メーカー(機械)
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.tornex.co.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.