2014年02月19日 14:00

自治体広報誌のオープンデータをテーマに、 市民参加型アイデアソン「東京オープンデータデイ」を開催します ~オープンでスマートな自治体広報を目指して~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年2月22日(土曜日)、自治体広報誌のオープンデータをテーマに、「東京オープンデータデイ(International Open Data Day in Tokyo 2014)」を開催します。

2014年2月22日(土曜日)、自治体広報誌のオープンデータをテーマに、「東京オープンデータデ(International Open Data Day in Tokyo 2014)」を開催します。
これは、世界的なオープンデータイベント「インターナショナル・オープン・データ・デイ2014」 の一環として、千代田区、足立区、中野区、豊島区、杉並区、葛飾区、江戸川区、中央区の東京8区と、特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウドコン ソーシアム(東京都品川区、会長:河合輝欣、以下「ASPIC」という)が主催する「オープンデータ研究会」(主査:(株)国際社会経済研究所 東富彦) が「東京オープンデータデイ実行委員会」を結成して開催するものです。
 住民に最も身近なものとして公開されている「広報誌データ」に市民のアイデアとエンジニアの技術、デザイナーのデザイン力等を活かして、様々なアプリケーション等、発展的に利活用することにより、よりスマートで住民本位の広報を目指そうという取り組みです。

【日時】平成26年2月22日(土) 10:00~17:30 (開場:9:30~)
【場所】(株)内田洋行 新川本社2階「ユビキタス協創広場CANVAS」
東京都中央区新川2-4-7
http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas.html

■オープンデータとは■
オープンデータとは、「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」のことを言います。
[意義・目的]
(1)透明性・信頼性向上:行政の透明性の向上、行政への国民からの信頼性の向上
(2)国民参加・官民協働推進:創意工夫を活かした公共サービスの迅速かつ効率的な提供、ニーズや価値観の多様化等への対応
(3)経済の活性化・行政効率化:国全体の経済活性化、国・地方公共団体の業務効率化、高度化

<本件の問合せ、取材等の申込先について>
  東京オープンデータデイ実行委員会 事務局(藤井:090-5435-3230、東:090-1694-3048)
  千代田区 政策経営部広報広聴課(印出井課長:03-5211-4170)
  足立区 広報室報道広報課(吉田課長:03-3880-5815)
  中野区 広報担当(酒井副参事:03-3228-8928)
  ASPIC事務局:03-6662-6591 (担当:藤井、中村)
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
東京オープンデータデイ実行委員会(トウキョウオープンデータデイジッコウイインカイ)
代表者
藤井 博之(フジイ ヒロユキ)
所在地
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル6F
TEL
03-5649-9056
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
公式ブログ
http://tokyoopendataday.peatix.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.