2014年05月01日 14:00

issue+design、現在地の最大津波浸水深がわかるスマートフォン向けウェブサービス「ココクル?」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、株式会社博報堂と、神戸市危機管理室・デザイン都市推進室との恊働により、津波避難・防災に関する情報ウェブサービス「ココクル?」をスマートフォン、タブレット向けに開発しましたので、ご報告いたします。(2014年5月1日サービス開始 http://kokokuru.jp )

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、株式会社博報堂と、神戸市危機管理室・デザイン都市推進室との恊働により、津波避難・防災に関する情報ウェブサービス「ココクル?」をスマートフォン、タブレット向けに開発しましたので、ご報告いたします。(2014年5月1日サービス開始 http://kokokuru.jp


■開発の経緯

近い将来、「南海トラフ大地震」が発生すると予測されており、太平洋沿岸の自治体では巨大津波への対策急がれています各自治体では地域別の最大津波浸水深を示した「津波ハザードマップ」を公開していますが、自治体HPPDF等で添付されていることが多く、現在地がわかりにくい、スマートフォン等ではみにくい、また、外出時にみることができず、いざという時に使えないのではないか、など多くの課題を抱えています。

この度開発した「神戸市津波防災ウェブサービス ココクル?」は、兵庫県が既に発表している「神戸市津波ハザードマップ」ウェブ主にスマートフォン向け)版であり、スマートフォンGPS機能を利用することで、「南海トラフ大地震」発生時に、自分が現在いる場所に津波が、最大でどの程度の高さで、最短何分で到達するかを知ることができるウェブサービスです。

ウェブにアクセスすると、現在地の情報に基づき0mから5mまでの8段階のピクトグラムで最大の津波の高さが視覚的にわかります。更にウェブ内の「津波ハザードマップ」にアクセスすると、現在地および周辺の浸水深がわかり、避難すべき方向の示唆が得られます。
また、「津波ハザードマップ」だけでなく、津波警報が発令された場合の避難行動等、津波に備えて知っておいてほしいさまざまな情報を掲載しています。

今後、プロジェクトチームでは、神戸から始まったこのサービスを、全国各地の津波およびその他災害の危険性がある地域で、「津波ハザードマップ」などを既にご用意されている自治体に対し、同様ウェブサービスの開発・普及を推進していく予定です。


問い合わせ先

issue+design「ココクル?」事務局 担当:筧、白木、岡本、小菅
TEL : 03-6441-7752 E-Mail :info@issueplusdesign.jp HPhttp://issueplusdesign.jp
http://kokokuru.jp


■「ココクル?概要
神戸市内より、GPS機能付きスマートフォンを用いて、専用サイト(http://kokokuru.jp)にアクセスすると、現在地の最大の津波浸水深をピクトと色で表示
現在地および周辺の津波浸水深が色分けで表示されたハザードマップ
神戸の生活や観光を楽しむために知っておいて欲しい知識コンテンツ「もしも5」


issue+designとはhttp://issuepllusdesign.jp

2009年より開始した神戸市、博報堂他が運営に参加する神戸市のユネスコ・デザイン都市認定記念プロジェクト。「社会の課題に、市民の創造力を。」テーマ、東日本大震災支援のボランティアツール「できますゼッケン」や神戸市若者向けうつ病・自殺予防サービス「ストレスマウンテン」など、様々な社会課題解決のためのデザインを制作している。
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

商号
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン(トクテイヒエイリカツドウホウジンイシュープラスデザイン)
代表者
筧 裕介(カケイ ユウスケ)
所在地
〒107-6322
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 11F 1107C i+d
TEL
03-6441-7752
業種
デザイン・イベント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://issueplusdesign.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.