2014年06月02日 12:00

「世界のリーディング企業グローバルサイトに関する調査」を実施―その1 ~Global Gatewayの位置、各国サイト(各言語サイト)へのリンクの分類(アイコン分類)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルビジネス支援サービスを提供するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:福良雄、以下、WIP ジャパン)では、世界のリーディングカンパニーのグローバルサイトが、どのように構築されているか調査を行いました。

2014年6月2日
WIPジャパン株式会社

グローバルビジネス支援サービスを提供するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:福良雄、以下、WIP ジャパン)では、多言語WEB/Eコマース構築運用、多言語翻訳、海外調査マーケティングなど多言語ビジネス支援サービス(Multilingual Business Support:MBS)を提供。世界87か国・407都市という日本最大級の自社ネットワークをフルに活用して、多くのお客様の海外進出を支援しています。

グローバルに事業を展開する企業にとり、コーポレートブランディングの強化や各国サイトへのユーザーの適切な振り分けなどを行うグローバルサイトは重要な役割を担っています。海外マーケティングを実施する上で欠かせないグローバルサイトを効果的に構築するにはどうすればいいか。WIPジャパンでは、世界のリーディングカンパニーのグローバルサイトが、どのように構築されているか、以下の項目から調査を行いました。

・Global Gateway の位置
・各国サイト(各言語サイト)へのリンクの分類(アイコン分類)
・サイドメニューの位置
・グローバルサイトで使用されている言語
・WEBサイト横幅ピクセル数
・WEBサイトで使用されている色
・グローバルナビゲーションのメニュー数
・トップページのメインビジュアルがスライド式かどうか(スライドしているビジュアル数)

今回の調査では、フォーブス誌が毎年発表する世界の公開会社上位2,000社のランキングリスト(Forbes The 2014 Global 2000 http://www.forbes.com/global2000/)から製造業の企業上位100社を調査対象に選定し、2014年5月1日から5月21日まで調査を行いました。

各社グローバルサイトのGlobal Gatewayの位置を比較し、地域ごとの傾向を分析したところ、次のような傾向が判明しました。
1. 対象企業全体を見ると、Global Gatewayは、半数近くのサイトでヘッダー右上に設置されている(47サイト)。
2. 地域ごとに見ると、北米企業のサイトでGlobal Gatewayをヘッダー右上に設置する傾向が強い(23サイト、北米サイトの約60%)。
3. ヨーロッパ、アジア太平洋の企業サイトでは、Global Gatewayをメインビジュアルの下に設置するサイトがヘッダー右上に次いで多い。一方、北米の企業サイトではメインビジュアルの下にGlobal Gatewayを設置している企業はない。
4. アジア太平洋の企業の約3割のサイトが、Global Gatewayをグローバルメニュー内に設置しており、その割合は他地域と比べて高くなっている。

上記に加えてグローバルサイトから各国サイト(各言語サイト)へ誘導するナビゲーションは、どのように設定されているのか、そのリンクの分類(アイコンの分類)を調査しました。

1. 調査対象企業全体を見ると、各国サイト(各言語サイト)へのリンクには、アイコンを用いずテキストのみを表示するサイトが最も多い(49サイト)。
2. ヨーロッパ企業のサイトの4割が、世界地図をアイコンとして使用している。この割合は、対象企業全体や北米、アジア太平洋地域と比較しても多くなっている。
3. テキスト表記に使われる頻度が高い言葉は、対象企業全体や北米地域サイトでは「国、国名」を表す“Country, COUNTRY, Countries”である。一方、アジア太平洋地域のサイトでは、“Location, LOCATION”、 “Select, SELECT”といった言葉が最も多くなっている。
4. 企業名をテキスト表記に含むサイトが調査対象企業全体の1/4のサイトに見られる。

今回の調査から、Global Gatewayの位置について、各地域ともヘッダー右上に設置されているサイトが多いことが判明しました。一方、北米企業のサイトでは、Global Gatewayをメインビジュアル下に設置する企業がみられなかったのに対し、ヨーロッパ、アジア太平洋の企業サイトでは、ヘッダー右上に設置するサイトに次いで多い等、地域ごとに異なる傾向があることが分かりました。また、各国サイト(各言語サイト)へのリンクについては、アイコンを用いずテキストのみを表示するサイトが最も多いこと、テキスト表記に使われる頻度が高い言葉は、地域により若干異なること等が判明しました。

次回以降は、グローバルサイトのサイドメニューの位置、使用されている言語、WEBサイト横幅ピクセル数などについて調査を行います。

お問合せ先:
WIPジャパン株式会社
グローバルWEB事業部
部直通Tel: 03-3230-8070
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社
商号
ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社(ワールドインテリジェンスパートナーズジャパンカブシキカイシャ)
代表者
上田輝彦・福良雄(ウエダテルヒコ・フクヨシオ)
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル2F
TEL
03-3230-8000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://japan.wipgroup.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.