2015年05月08日 18:00

データ復旧クラウド FromHDDtoSSD ストレージ故障予測機能のS.M.A.R.T.取得部分を改良

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ復旧サービス&ソフトウェアを展開するIUECデータソリューションセンターは、5月8日にリリースいたしましたデータ復旧クラウド FromHDDtoSSD「Build:2249(ストレージ故障予測_S.M.A.R.T.改良版)」より、ストレージ故障予測機能のS.M.A.R.T.取得部分を改良いたしました

2015年 5月 8日

データ復旧サービス&ソフトウェアを展開するIUECデータソリューションセンターは、5月8日にリリースいたしましたデータ復旧クラウド FromHDDtoSSD「Build:2249(ストレージ故障予測_S.M.A.R.T.改良版)」より、ストレージ故障予測機能のS.M.A.R.T.取得部分を改良いたしまして、S.M.A.R.T.情報の取得(稀に取得失敗)および解析の問題点を取り除きました。

改良点について:
S.M.A.R.T.情報の処理および、セクタの自動検査(不良セクタ自動検出)を同時に実施する過程を改良いたしまして、稀にS.M.A.R.T.情報の取得に失敗するバグを修正いたしました。
また、3.0TB以上のドライブにおいて、総セクタ数(容量)が少なく認識されるバグも修正いたしました。

ソフトウェアダウンロード:
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/v2_0_dl.html

常駐型ストレージ故障予測について:
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/repair_pred.html

IUECデータソリューションセンターについて:
IUECデータソリューションセンターは、データ復旧技術を常に開発、いつでも最適なドライブ検査・S.M.A.R.T.故障予測・データ復旧を選択できる環境をリードしてまいります。データソリューションセンターのデータ復旧技術は、多くのパートナー様をはじめ、各法人様から個人様まで、フリーより幅広く展開しております。詳細については、https://www.iuec.co.jp/をご覧ください。

専門用語について:
■ セクタ
データを読み書きする最小単位を示します。主流は512バイトと4096バイトです。
最小単位となりますので、保管されるデータ量が10バイトでも、1セクタ分の512バイト(4096バイト)を使うことになります。
※ ファイルシステムは、さらに大きなクラスタ(セクタを複数集めた最小単位)と呼ばれる単位で、各データを処理しております。

■ 不良セクタ
正常にデータが記録できなくなったセクタを示します。

■ S.M.A.R.T.
ドライブの故障予測に関するデータを示します。

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社IUEC データソリューションセンター
データ復旧事業部 担当:矢野
TEL :03-3901-8847
FAX :03-3901-8867
E-mail :yano@iuec.co.jp
会社概要:https://www.iuec.co.jp/detail/

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
有限会社IUEC(ユウゲンガイシャアイユーイーシー)
代表者
飯盛 優子(イイモリ ユウコ)
所在地
〒115-0041
東京都北区岩淵町25-22 1F
TEL
03-3901-8847
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.iuec.co.jp/
公式ブログ
http://www.fromhddtossd.com/recovery/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.