2015年10月28日 11:00

札幌市ソーシャルデザイナー養成事業【基礎編】札幌市の課題をデザインの力で解決する手法を学び・実践する「ソーシャルデザイナー」養成ワークショップを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会の課題に、市民の創造力を」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、地域課題をデザインで解決できる人材「ソーシャルデザイナー」を育成する2日間のワークショップを、2015年12月5、6日に開催します。

「社会の課題に、市民の創造力を」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、地域課題をデザインで解決できる人材「ソーシャルデザイナー」を育成する2日間のワークショップを、2015年12月5、6日に開催します。
■概要

本ワークショップは「デザイン思考」「地域課題解決」にフォーカスし、「ブレインストーミング」「アイデア発想」「プロトタイピング」を実践するワークショップです。issue+designの地域の活性化支援のノウハウをもとに、地域課題解決のために必要な企画を立案、実践できる市民を育成します。

■取り上げられるテーマ

「非婚・晩婚化」

札幌市の合計特殊出生率は 1.08で全国的にも最低水準。出生率低下の大きな原因は婚姻率の低下です。恋愛に奥手な若者、結婚観の変化、お見合いシステムの崩壊、経済的不安など様々な理由があるなかで何ができるでしょうか。

「生活習慣病」

医療費の増加が大きな社会課題であり、生活習慣病が日本人の死因の 3 分の 2 を占めるなか、札幌市民の健康診断受診率は全国的にも低い傾向にあります。生活習慣病を予防し、健康寿命を延ばすために何ができるでしょうか。

「冬の外遊び」

2026年冬季オリンピック誘致を目指している札幌市ですが、ウィンタースポーツ人口は減少し、子どもが雪合戦をする姿も少なくなりました。長い冬の間、子どもが外で遊び・たくましく成長するためになにができるでしょうか。

<日程・内容>

12月5日(土)10:00~19:00「課題の発見とデザイン発想」

12月6日(日) 9:00~16:00「プロトタイピングとプレゼンテーション」

<場 所>

市民活動プラザ星園(札幌市駐大生区南8条西2丁目5-74)

<参加費>


無料(会場までの交通費は自己負担)

<募集人数>

30名程度(応募多数の場合、選考)

<講 師>


筧 裕介 (
かけいゆうすけ
ソーシャルデザインプロジェクト「issue+design」代表。東京大学大学院工学系研究科修了。全国で社会課題解決のためのデザイン領域の研究を実践。グッドデザイン賞をはじめ、国内外の受賞多数。

<応募期間>

10月26日(月)~11月13日(金)


<申し込み>

http
://issueplusdesign.jp/news/2015/sapporo

お問い合わせ

issue+design「札幌市ソーシャルデザイナー養成講座」運営事務局 担当:筧、岡本、稲垣
TEL:03-6441-7752 E-Mail:info@issueplusdesign.jp HP:http://issueplusdesign.jp
  • 教育、資格、スキル

添付資料

会社概要

商号
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン(トクテイヒエイリカツドウホウジンイシュープラスデザイン)
代表者
筧 裕介(カケイ ユウスケ)
所在地
〒107-6322
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 11F 1107C i+d
TEL
03-6441-7752
業種
デザイン・イベント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://issueplusdesign.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.