2016年06月16日 09:00

奨学金問題の解決に向けて「クラウドファンディング型学費支援」が復活へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成年後見事業を展開する「さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所」(所在:神奈川県横浜市 所長:森 大樹)は、奨学金問題を解決するため「クラウドファンディング型学費支援」を日本に復活させるプロジェクトを開始します。2016年6月15日、発起人が財団の設立を決定し、メンバーの選定準備に入りました。

成年後見事業を展開する「さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所」(所在:神奈川県横浜市 所長:森 大樹)は、奨学金問題を解決するため「クラウドファンディング型学費支援」を日本に復活させるプロジェクトを開始します。

2016年6月15日、設立費用の目途が立ったことを受け、発起人によりプロジェクトの母体となる一般財団法人(今年中の公益化を予定)を設立することが決定し、設立メンバーの選定準備に入りました。

【サービス概要】
名称:募集中
種別:クラウドファンディング型学費支援
奨学金形態:給付型または返済猶予特約付き無利子貸与型
奨学金原資:広く一般市民から寄付を募る
開始日:2017年度を予定
対象者:経済的な理由で進学できない若者
募集人数:初年度は若干名(毎年増員予定)
受付場所:さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所(全国に拡大予定)

【サービスの特徴】
・支援を求める学生の夢を発信して、事情に共感する市民から資金を募集。
・少人数の学生に対して、働かなくても通学できるほど十分な金額を支援。
・大学に行くことで、奨学金の金額相当の成功が見込める学生のみを支援。



【設立費用の募集について】
当プロジェクトは、2016年4月22日よりクラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、資金を募る呼び掛けを行っています。2016年6月15日現在の支援総額は1,163,000円、2016年6月30日に受付を終了します。
「新しい奨学金を創設し、経済的に進学できない若者を助けたい!」
https://readyfor.jp/projects/scholarship

【設立メンバーの募集について】
公益法人化するためには、発起人と無関係の第三者をメンバーに加える必要があります。
現在の設立メンバーは旧知の仲間のみであるため、広く一般の市民からメンバーに加わりたい方を募集しています。
応募条件は設立費用の支援で、一口1,000円から受け付けています。

【スケジュール】
2016年3月19日:プロジェクトへの協力要請を開始
2016年4月15日:プロジェクトへの資金援助要請を開始
2016年4月22日:READYFORでのクラウドファンディングを開始
2016年4月22日:READYFORにおける支援総額が100万円を突破
2016年6月11日:支援金の総額が300万円を突破
2016年6月15日:発起人により財団法人の設立が決定
2016年6月30日:READYFORによる支援の受付が終了(予定)
2016年7月末日まで:一般財団法人を設立(予定)
2016年12月末日まで:公益財団法人に変更(予定)
2017年3月末日より:学費支援活動を開始(予定)


【奨学金問題とは】

経済的な理由で進学できないケースや、奨学金の返済に困窮するケースなど、貧困に関する社会問題のひとつとされています。
まもなく選挙権年齢が18歳に引き下げられることを契機に、公的な給付型奨学金の創設を訴える運動が活発化し、各政党からも様々な案が出されました。

【クラウドファンディング型学費支援とは】
経済的に困窮する学生が広く一般市民から支援を募るという仕組みで運営される「新しい奨学金」で、欧米では「Pave」「Upstart」「GiveCollege」「GradSaveGifts」「CommonBond」「SoFi」などのサービスが存在しています。
かつて日本でも、「CAMPFIRE」の家入一真氏が主導して「studygift」というサービスが立ち上がりましたが、モデルケースとして第1号の支援対象者となった大学生に非難が殺到する「炎上」の状態に陥ってサービスは失敗。現在に至るまで、日本において同様のサービスは成功していません。
本プロジェクトでは、支援の受け皿となる公益団体を立ち上げて、市民への呼び掛けをサポートするとともに、若者をプライバシーの侵害から保護するという改善を加えます。

【クラウドファンディングとは】
インターネット上で個人や団体、株式会社などがプロジェクトを提案し、不特定多数の方からお金を集める仕組み。2000年代初頭から、欧米を中心に企業・団体・アーティストなどが利用したことで広まり、日本では震災後に活発化。被災地支援や医療問題、製造存続の危機に瀕した製品の継続、海外に渡航し夢を実現したい人に至るまで、あらゆる企画が「共感」によって資金を集め、企画を実現させています。



【発起人代表の概略】
ニックネーム:戦う行政書士
氏名:森 大樹
出身地:北海道北見市
居住地:神奈川県川崎市
職業:行政書士、コンサルタント、専門学校講師ほか
≪略歴≫
・いじめ被害、不登校、ひきこもり等の問題を抱えた少年時代を経て、15歳で実家を飛び出し、一人暮らしをしながら働き始める。
・一時はNEETやSNEPの状態に陥るも、働きながら学歴や資格を取得してコンサルティング業の職へ。
・趣味で続けていたボクシングのプロライセンス取得を機に、独立して行政書士事務所を開業。
・現役プロボクサー(昨年末に引退)の行政書士として、NEET株式会社の設立をはじめとするユニークな事業に関与。
・青年会議所への入会後、過去の経験を活かし、様々なボランティア活動やプロボノ活動を積極的に展開。
・現在は、行政書士法人の横浜事務所で所長を務める傍ら、専門学校で法律と会計を教える講師として教育の世界にも携わる。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所
住所:横浜市中区尾上町五丁目80番地 神奈川中小企業センタービル9F
電話番号:045-550-3580
FAX番号:045-550-3581
URL: http://sakuramirai.or.jp/
プロジェクト専用URL: http://学費.net/
担当者名:行政書士 森 大樹
担当者連絡先:090-6182-7902
担当者Email: fighting.capls@gmail.com
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所(サクラミライギョウセイショシホウジン ヨコハマベイサイドジムショ)
代表者
森 大樹(モリ タイジュ)
所在地
〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センタービル9F
TEL
045-550-3580
業種
法務、税務
上場先
未上場
会社HP
http://sakuramirai.or.jp/
公式ブログ
http://xn--48sy16i.net/

さくらみらい行政書士法人 横浜ベイサイド事務所の最新プレスリリース

2016年06月16日 09:00
奨学金問題の解決に向けて「クラウドファンディング型学費支援」が復活へ!

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.