2016年06月09日 12:00

アドバンテック、アーム、ボッシュセンサーテック、センシリオン、テキサス・インスツルメンツ、セムテックが、M2.COM IoT センサープラットフォームで提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテックは、アーム株式会社、ボッシュ(株)(ボッシュセンサーテックジャパン)、センシリオン(株)、日本テキサス・インスツルメンツ(株)、セムテック・ジャパン合同会社と共に、IoTセンサープラットフォームのオープン規格 M2.COMに関して、日本市場においても提携を行うことを本日発表します。

産業用コンピュータの分野で世界トップシェアのアドバンテック(Advantech Co.,Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区 社長マイク小池、以下アドバンテック)は、アーム株式会社、ボッシュ株式会社(ボッシュセンサーテックジャパン)、センシリオン株式会社、日本テキサス・インスツルメンツ株式会社と共に、2016年2月 Embedded World 2016(ドイツ)にて提携発表を行った新しいモノのインターネット(IoT)センサープラットフォームのオープン規格 M2.COMに関して、日本市場においても提携を行うことを本日発表します。さらに、この提携発表には、2016年5月に米国カリフォルニアにおいてM2.COMフォームファクタへの採用発表を行った長距離無線技術LoRa(R)を提供するセムテック・ジャパン合同会社を加え、日本のIoTセンシング・デバイスの標準化促進と、IoT市場の活性化を行ってまいります。

IoTの時代は、伝統的な産業に新たな機会をもたらし、次世代の製品やサービスのためのビジネスの進化をドライブします。IoTの基礎となるセンサーやセンサーノードといったIoTデバイスを大規模に市場展開していくためには、リモート管理とモニタリングを可能にするワイヤレス・コネクティビティとプロセッサ機能を持ったデバイスによるネットワーク・インフラストラクチャの再構築が不可欠です。そしてそのためには、センサーおよびセンサーノードのためのオープンな標準規格が必要とされています。

M2.COMは、センシング・デバイスのための全く新しいプラットフォーム・フォームファクタです。多岐にわたるIoTアプリケーションを実現可能にし、異なるプラットフォームやテクノロジーを標準化するために、センサーメーカーとモジュールメーカーが IoTセンサーおよびセンサーノード向けに策定したオープンプラットフォームです。 標準化され既に広く活用されているM.2コネクタを採用し、産業用途に必要とされる様々なタイプのワイヤレス・コネクティビティと内蔵MCUによるコンピューティング機能を兼ね備え進化したモジュールとして定義されました。M2.COMへの参画により、参加メンバーは今後もモノのインターネットの強化につながるプラットフォームを定義し、推進してまいります。
アドバンテック株式会社 社長のマイク小池は、以下のように述べています。“アドバンテックはIoTの基礎概念を、データ収集/データ伝送/データインテグレーション/データアナリティクスという4つのステージで捉え、この内データ収集とデータ伝送のためのハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームの提供に注力しています。中でもデータ収集はIoTにおける最も大きな課題の1つであり、センサー、ワイヤレステクノロジー、および組込みコンピューティングが、データ収集に必要とされる中核機能であると考えます。インダストリアル市場の強力なパートナーと共にM2.COMというオープン規格によるワイヤレス・センサーデバイスの標準化を推進することで、日本におけるワイヤレス・センサーデバイスの普及とIoT市場の活性化が実現できるものと確信しています。”

“標準ベースの産業用コンピューティングとセンサーフォーマットは、IoT市場の需要の変化を満たすための鍵となります”と、ARM社IoT ビジネス,マーケティングのバイスプレジデントであるZach Shelby氏は述べています“ ARM(R) mbedTM OSは、センサーデバイスとIoTクラウドアプリケーションを安全かつ容易にインテグレーションするために必要とされる通信プロトコルおよびフォーマットをサポートする、この新しいM2.COMプラットフォーム向けに、完全な基盤を提供します。”

“今日のIoT関連市場におけるセンサー対応デバイスの急速な成長を妨げる重要な課題の1つは、広く採用されるオープンプラットフォームの欠如です"と、Bosch Sensortec社のマーケティングバイスプレジデントであるJeanne Forget氏は述べています。”MEMSおよび他のセンサーテクノロジーのリーダーとして、Bosch Sensortec社が、M2.COMのようなオープンプラットフォームの構築に積極的に参画することは、必要不可欠なことです。我々は、これらの有能なパートナーとのコラボレーションを通じ、M2.COMオープンプラットフォームが、IoT市場におけるセンサー向けの強力な原動力となると信じています。

“素晴らしくスマートなシステムやデバイスを作り、データを収集するだけでなく、これらに相互運用性をもたせ、互いに通信可能になることによってのみ、IoTを前進させる事ができると考えています。センサーのIoT開発の統合を簡素化するためのスタンダード-M2.COMを策定することで、我々は正しい方向に向かっているということを確信し、誇りに思っています”と、Sensirion社のプロダクトマネジメントディレクターPascal Gerner氏は述べています。

“IoTによって形成される変化と新しいビジネス機会を加速するため、開発者がどこでも、何とでも接続することができ、開発時間とコストを節約するM2.COMのような標準的なセンサーインターフェースを持つプラットフォームを持つことは重要です”と、Texas Instruments 社、ワイヤレスコネクティビティソリューション マーケティングディレクター Olivier Monnier氏は述べています。”TIの低消費電力SimpleLinkTM Wi-Fi(R) CC3200ワイヤレスマイクロコントローラの活用により、M2.COM IoT開発者は、設計した製品を市場に迅速かつ容易に投入することができます。”

“我々は、アドバンテックがM2.COMオープンプラットフォームの主要な構成要素の一つに、当社のLoRaワイヤレスRF技術を取り込んだことを光栄に思います” と、Semtech社のワイヤレスおよびセンシング・プロダクトグループのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャMarc Pegulu氏は述べています。”ワイヤレスコネクティビティ、MCU、そしてネットワークコネクティビティを組み合わせて、標準化と集積化された一つのモジュールプラットフォームにまとめることでM2.COMは、非集積化アプローチに比べて開発者がより早くIoTアプリケーションを作成し、テストし、そして市場に投入することを可能にします。”

アドバンテックは、スマートシティおよびIoTソリューションの実践を加速するため、"Enabling an Intelligent Planet'’のビジョンを強化し、“Partnering for Smart City and IoT Solutions”の精神のもと、世界中のパートナーとコラボレーションを継続してまいります。アドバンテック、アーム、ボッシュセンサーテック、センシリオン、日本テキサス・インスツルメンツ、そしてセムテックとの共同プロモーションを通じ、M2.COMがIoTセンシングの可能性を実現し、スマートシティとのIoTソリューションの実践を加速してまいります。

アドバンテックについて - インテリジェント・プラネットの実現が我々の使命です -
 台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国95都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。
また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。

■M2.COMインダストリアルセンサーノードオープンスタンダードについて
M2.COMは、シンプルなモジュール設計をベースにしたセンサープラットフォームで、IoTセンサーノードとセンサー向けに、ソリッドかつ標準化されたソリューションを提供します。M2.COMオープンスタンダードは、IoTプラットフォームプロバイダ、通信サービスプロバイダ、システムインテグレーター、およびテクノロジーサプライヤーを結集しています。M2.COMオープンスタンダードプラットフォームは、IoT産業における複雑なシステム環境向けに特別に開発されています。(M2.COM ウェブサイト: www.M2COM-standard.org



【本件に関するお問い合わせ先】
アドバンテック株式会社
電話 :03-6802-1021
Email:ajp_sales@advantech.com

【報道関係者お問い合わせ先】
アドバンテック株式会社
担当 :殿村
電話 :03-6802-1021(内線4211)
Email:rie.tonomura@advantech.com

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アドバンテック株式会社(アドバンテックカブシキガイシャ)
代表者
マイク小池(マイクコイケ)
所在地
〒111-0032
東京都台東区浅草6-16-3 
TEL
03-6802-1021
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.advantech.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.