2016年09月05日 09:00

キャップスクリニック代官山T-SITEにてFitbit、アプリを用いて行動変容を促す生活習慣病専門外来を開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首都圏でプライマリ・ケアの診療所「キャップスクリニック」系列を展開する医療法人社団ナイズは、2016年8月10日にキャップスクリニック代官山T-SITEにてFitbit、アプリを用いて行動変容を促す生活習慣病専門外来を開始したことを発表致しました。

キャップスクリニック代官山T-SITEにてFitbit、アプリを用いて行動変容を促す生活習慣病専門外来を開始しました


首都圏でプライマリ・ケアの診療所「キャップスクリニック」系列を展開する医療法人社団ナイズ(本部:東京都渋谷区、理事長:白岡亮平、以下ナイズ)は、2016年8月10日にキャップスクリニック代官山T-SITEにてFitbitやアプリを用いて行動変容を促す生活習慣病専門外来を開始したことを発表致しました。
高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の治療には薬剤のみならず、生活習慣の改善も欠かせません。これまでの外来の問題点として、時間が十分に確保できないことから薬剤処方が中心となる診療になり、生活習慣の是正までアプローチできておりませんでした。本外来では完全予約制とすることで30分の診察時間を確保します。また、生活習慣の改善には、現在の生活を「見える化」することが重要であり、そのためのツールとしてウエアラブルデバイス、アプリを使用することとしました。

ウエアラブルデバイスは業界最大手Fitbit社の「Fitbit」を使用して身体活動量や睡眠状況を確認します。また、アプリにはウェルビー社の「Welby マイカルテ」を使用し、食事や血圧、体重を確認し、生活習慣の「見える化」を行い、少しずつ改善していきます。

生活習慣病の代表ともいえる高血圧の治療目標到達率は、報告によっては60%台と決して良好ではありません。それには多くの要因がありますが、普段の生活習慣が改善されていないことの影響は大きいと思われます。IoTなど新たなツールを活用して生活習慣の改善を行うことがこれから求められる医療の形であると我々は考えています。本外来を通してそのためのノウハウを蓄積し、患者様に貢献していくことを目指します。


※記載されている会社名および製品名(商品・サービス名)は、各社の商標または登録商標です。


■法人概要
医療法人社団ナイズ < http://www.mnys.jp/
所在地: 東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店1号館3階
設立: 2012 年 7月
事業内容: キャップスクリニックの運営

■本件に関するお問い合わせ
医療法人社団ナイズ
【住所】〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5代官山蔦屋書店1号館3階
【電話】03-6455-1754(代表)
【URL】http://www.mnys.jp
【担当】生活習慣病外来担当 音羽
【メール】otowa@mnys.jp
  • 医療、福祉

会社概要

商号
医療法人社団ナイズ(イリョウホウジンシャダンナイズ)
代表者
白岡 亮平(シラオカ リョウヘイ)
所在地
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店1号館3F
TEL
03-6455-1754
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.mnys.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.