2017年08月09日 12:00

双方向映像コミュニケーション機能を搭載したモニタリング・遠隔作業支援ソリューション「ABookSee」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社エージェンテック(東京都千代田区、代表取締役社長:金 淙採)は、双方向映像コミュニケーション機能を備えたモニタリング・遠隔作業支援ソリューション「ABookSee」の販売を8月9日より開始したことをお知らせいたします。

双方向映像コミュニケーション機能を搭載したモニタリング・遠隔作業支援ソリューション「ABookSee」を販売開始


株式会社エージェンテック(東京都千代田区、代表取締役社長:金 淙採)は、双方向映像コミュニケーション機能を備えたモニタリング・遠隔作業支援ソリューション「ABookSee」の販売を8月9日より開始したことをお知らせいたします。

ABookSee(http://abooksee.agentec.jp/)はスマートフォンやタブレットを通じて、1対多の映像コミュニケーションを可能にするとともに、資料等を共有・連動させて、互いの情報把握を深めます。作業状況映像の送信・記録、遠隔地の工場のメンテナンス、災害や事件・事故の現場の状況把握など、時間やコストを要する作業の効率を改善します。その映像を保存することもできるので、記録として残すことはもちろん、教材として活用し、スキルやノウハウの継承にもつながります。

普段は作業マニュアルをデジタル化して情報共有ツールとしてご利用いただけます。マニュアルの暗号化や配信設定など、万全なセキュリティ環境の下、安全に共有できます。マニュアルの改訂が簡単になるとともに、ペーパーレス化も実現できるので、業務効率改善とコスト削減を同時に実現できます。

▽想定される利用シーン
・遠隔地の工場のメンテナンスを経験豊富な本社から作業支援
・災害等の事故・事件の現場の状況を正確に把握して迅速な指示
・作業状況をリアルタイムに映像で伝え、その映像を記録に残し教材として活用 など

《概要図》
▽導入メリット
・双方向の映像コミュニケーションで迅速な情報伝達
・スマートフォンやタブレットがあれば即導入
・移動費等のコスト削減 など

■株式会社エージェンテックについて
[代表取締役] 金 淙採
[事業内容] マルチデバイス向けコンテンツプラットフォーム「ABook」、VRサービス「Smart360」を中心にビジネスを展開。「ABook」はMCM(モバイルコンテンツ管理)市場で4年連続国内NO.1(※)。
[本社所在地] 東京都千代田区九段南3-2-7 いちご九段三丁目ビル3F
[URL]http://www.agentec.jp/
※ミック経済研究所「2016年度 コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望」より

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社エージェンテック
営業推進本部 マーケティング部
Tel: 03-3239-3681
Email: marketing@agentec.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社エージェンテック
商号
株式会社エージェンテック(カブシキカイシャエージェンテック)
代表者
金 淙採(キム ジョンチェ)
所在地
〒101-0041
東京都千代田区九段南3-2-7 いちご九段三丁目ビル3階
TEL
03-3239-3681
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.agentec.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.