2017年09月28日 18:00

完全に飛んでしまった、他ドライブとの矛盾を含むRAID構造自体の復元に対応いたしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全に飛んでしまった、他ドライブとの矛盾を含むRAID構造自体の復元に対応いたしました

2017年 9月 28日

データ復旧サービスを展開するIUECデータソリューションセンター(東京都北区岩淵町25-22 1F 有限会社IUEC)は、2017年9月24日より、完全に飛んでしまった、他ドライブとの矛盾を含むRAID構造自体の復元に対応いたしました。

通常、RAID装置が故障した場合、故障する前の設定状態はそのまま残っているのが従来のデータ復旧でした。
しかし、近年(特に2016年以降)の大容量NASにおいて、この原則が崩れてきております。
※ 比較的古いNAS(5年以上前)では起きておりませんので、近年登場いたしました1.0TB以上のNASで起きる可能性が高い症状となります。

ドライブが破損後、完全に止まる事なく中途半端に動作してしまう「ビット腐敗」の影響により、メタ情報が書き換わってしまう部分に問題があるとみております。
中途半端に動作してしまいますと、その動作した分だけ、リビルドなどの操作が入り込んでしまい、大事な部分のデータが書き換わります。
これにより、完全に動作不能となった前の情報と、書き換わった分の情報に整合性が得られず、壊れたデータがそのまま出てきてしまう状況となります。

このような状況で取り出された各ファイルは、ファイル名・フォルダ名が揃っているのですが、それらが全く開かないという形になります。
※ このため、データリストなどでも、データに関する整合性検査が実施されていない場合、復旧結果を確認することが困難となります。

今回、このような問題を解決いたしまして、料金面を含め従来通りに対応することが可能となりました。

ビット腐敗について:
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/drive_cor.html

RAIDのデータ復旧について:
https://www.iuec.co.jp/recovery_view/raid.html

IUECデータソリューションセンターについて:
IUECデータソリューションセンターは、データ復旧技術を常に開発、いつでも最適なドライブ検査・S.M.A.R.T.故障予測・データ復旧を選択できる環境をリードしてまいります。データソリューションセンターのデータ復旧技術は、多くのパートナー様をはじめ、各法人様から個人様まで、フリーより幅広く展開しております。詳細については、https://www.iuec.co.jp/をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社IUEC データソリューションセンター
データ復旧事業部 担当:矢野
TEL :03-3901-8847
FAX :03-3901-8867
E-mail :yano@iuec.co.jp
会社概要:https://www.iuec.co.jp/detail/

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
有限会社IUEC(ユウゲンガイシャアイユーイーシー)
代表者
飯盛 優子(イイモリ ユウコ)
所在地
〒115-0041
東京都北区岩淵町25-22 1F
TEL
03-3901-8847
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.iuec.co.jp/
公式ブログ
http://www.fromhddtossd.com/recovery/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.