2017年10月31日 11:00

アドビ社のウェブ会議ソリューションが大幅刷新  HTML5対応のAdobe Connect最新バージョンを配信開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下 サムライズ)は、Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビシステムズ社)製ウェブ会議システムの最新バージョン『Adobe Connect 9.7』(以下、コネクト)を、2017年10月27日に提供開始したことを発表いたします。

アドビシステムズ社が提供する「コネクト」は、グローバル企業や米国陸軍を含む政府機関などにも選ばれ、世界で広く利用されているウェブ会議システムです。2016年には「コネクト」の持つ豊富な機能と、ウェブを使ったセミナーやトレーニングの機能が評価され、米国フォレスターリサーチ社のウェブ会議分野において、アドビシステムズ社は“リーダー企業”の位置づけを獲得しています。

Adobe Connect9.7 新機能紹介ページ
http://www.samuraiz.co.jp/adobeproduct/connect/ver9_7.html?WT.mc_id=05-5-15-631

今回のバージョンでは、Windows版、とMac版のAdobe Connectアプリケーションが追加され、Adobe Flash Playerが使用できないないPCでもAdobe Connectアプリケーションをインストールすれば、アプリケーションからウェブ会議に参加できるようになりました。Adobe Connectアプリケーションのダウンロードが制限されている場合は、従来どおりFlash Playerを使って会議に参加できます。
また、Connect会議室への接続状況テストの機能向上、管理者がユーザー登録や会議室を作成する際に利用する管理画面のHTML5化、Adobe ConnectアプリケーションのMSIインストーラーが公開されます。


■バージョンアップによる主な機能
・Adobe Connectアプリケーション(PCへのダウンロード)
・会議接続環境テストの機能向上
・管理画面のHTML5対応
・アプリケーションのMSIインストーラー

・Adobe Connectアプリケーション
Adobe Connect アプリケーションを使用することで、ユーザーは頻繁に訪れる会議室をブックマークし、最近の会議の履歴を確認し、Adobe Connectセッションへの参加をかつてなくシームレスにすることができます。

・会議接続環境テストの機能向上
ユーザーは会議前の接続診断テストを実施することにより、ブラウザーでFlashを有効化することなくAdobe Connectセッションに参加するのに必要な条件を満たしているかどうかを確認できるようになりました。テストを実施し、Flashがブラウザーで有効になっていないユーザーは事前にAdobe Connectアプリケーションをインストールするように求められます。
ユーザーがAdobe ConnectのVoIP機能(音声)を使用する場合、会議前接続診断テストページに、会議に参加する前に事前設定を行い、マイクとスピーカーをテストするオプションが追加されました。

・管理画面のHTML5対応
管理画面のAdobe Connect CentralのホームページがHTML5化されました。ユーザーは会議、録画、そしてトレーニングカタログを、ブラウザーのAdobe Flash Playerを有効化することなくシームレスに検索し管理できます。ユーザーは、自分自身で作成した録画または共有された録画を、ホームページから直接検索できるようになりました。

・Adobe Connect アプリケーション向けMSIインストーラー
Adobe Connect 9.7には、Adobe Connectアプリケーション用の新しいMSIインストーラーが含まれます。管理者は、企業全体におけるAdobe Connectアプリケーションの配備と展開をSCCMを使用して管理できます。


■Adobe Connectについて
「コネクト」はユーザーインストールの必要がなく、インターネット環境があればすぐに利用可能なウェブ会議システムです。「ミーティング」、「トレーニング」、「ウェビナー」の機能を備え、ウェブ会議での共同作業やウェブを使ったセミナーの実施など、大手企業や政府機関で広く利用されている製品です。


■株式会社サムライズについて
サムライズは、アドビシステムズ社の「コネクト」を取り扱う国内で唯一の特別販売代理店として、Webセミナー、Web会議、eラーニングといった遠隔接続市場をリードしてきました。
サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング・プラットフォーム企業」を目指しております。

本社所在地: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
電話: 03-5436-2040(代)
URL:http://www.samuraiz.co.jp?WT.mc_id=05-5-15-631


■本件(プレスリリース)掲載場所
http://www.samuraiz.co.jp/news/connect_17_1.html?WT.mc_id=05-5-15-631


*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社サムライズ
担当: アドビソフトウェア事業部 高島
TEL : 03-5436-2042

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社サムライズ(サムライズ)
代表者
谷 利太郎(タニ リタロウ)
所在地
〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル5F
TEL
03-5436-2040
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
IR情報
http://www.samuraiz.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.