2018年03月22日 15:00

2018アジア太平洋ブロックチェーンフォーラム(東京) チケット発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月24日-25日に、AiFC株式会社が運営となる2018年「アジア太平洋ブロックチェーンフォーラム」が東京のホテルニューオータニで開催します。 チケット購入を開始しました。 【チケット購入ウェブサイト】 https://aisapacificblockchain.peatix.com/view

2018アジア太平洋ブロックチェーンフォーラム(東京)
--革新と規範

2018年3月24日-25日に、2018年「アジア太平洋ブロックチェーンフォーラム」が東京のホテルニューオータニで開催します。AiFC株式会社が運営を承っています。チケット購入が3/12(月)から開始しました。
過去の一年、アジア地区の経済発展と伴い、ブロックチェーン業界がハイスピードで発展しています。2018年はブロックチェーン技術が実践され、ブロックチェーン業界の規模が拡大されると予想されています。今回のフォーラムでは、経済学者野口悠紀雄先生、筑波大学李頡教授や早稲田大学教授金群など業界の専門家たちはアジア圏のブロックチェーン技術発展の方向性とブロックチェーン投資政策などの問題について講演や円卓会議などの形でコミュニケーションを行います。

フォーラムのチケットは下記サイトに購入できます。
【チケット購入ウェブサイト】
https://aisapacificblockchain.peatix.com/view

以下は来賓紹介の概要です。
「経済学者ー野口悠紀雄」
野口 悠紀雄(のぐち ゆきお、1940年12月20日 )は、日本の元官僚、経済学者。『ブロックチェーン革命』などの著者。専攻は、日本経済論、ファイナンス理論。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学教授を経て、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。野口先生はビットコインについて「通貨史上の大きな革命であるばかりでなく、まったく新しい形の社会を形成する可能性を示した」と評価している。

「筑波大学教授--李頡」
日本筑波大学教授、国際電気電子エンジニア学会(IEEE)ビッグデータ技術委員会主席、IEEE通信学会ビッグデータ技術委員会主席、IEEEビッグデータ標準委員会メンバー。分散システム、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、IoT、ネットワークセキュリティ、OS、情報システム構造などの研究に従事している。

「早稲田大学教授--金群」
日本早稲田大学教授、米国電気電子学会(IEEE)シニア会員、情報処理学会(IPSJ)シニアメーバー。大規模なデータ分析とパーソナルインテグレーションのモデリング、データ品質保証と持続可能な使用、インテリジェントコンピューティングとブロックチェーン、ならびにスマート健康などのパーソナライズされたサービスアプリケーションの研究に従事している。


【メディア問い合わせ】
張華: ka.chou@aifchain.co.jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
AiFC株式会社(エーアイエフシーカブシキガイシャ)
代表者
福沢 栄治(フクザワ エイジ)
所在地
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3−6 山田ビル
TEL
03-6280-7652
業種
その他IT関連
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.