2018年05月09日 17:30

知られていない美容外科の今 海外からドクター視察団が来日  美容先進国の韓国でも珍しい独自の豊胸術を伝授  5月18日中国医師団20名技術講習に参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容の外科治療や美容に関するセカンドオピニオン外来を行う『東京美容外科』は、医療技術の向上を目的に海外の医師との交流や技術講習会の開催を定期的に行っています。2018年5月18日には、中国の医師団が来日し当院を視察します。当日は、前回反響の高かった中国や韓国では珍しい短時間でできる独自の豊胸術「1Day豊胸」や、オルチャンリフト等の視察を予定しています。

美容の外科治療や美容に関するセカンドオピニオン外来を行う『東京美容外科』は、医療技術の向上を目的に海外の医師との交流や技術講習会の開催を定期的に行っています。
2018年5月18日(金)には、中国の医師団が来日し当院を視察します。中国の医師団の視察は技術講習会となり、今回で7回目の開催です。当日は、前回反響の高かった中国や韓国では珍しい短時間でできる独自の豊胸術「1Day豊胸(※1)」や、オルチャンリフト(※2)等の視察を予定しています。
※1:日帰りで施術ができる日本美容外科学会で論文発表した当院オリジナルの豊胸術
※2:特殊加工された溶ける極細糸を使用したフェイスリフトを目的とした施術



◆同業に技術を見せない美容外科の世界で「独自の技術」を伝える

美容外科では、医師が他の医院のドクターの施術を学ぶ機会はほとんどと言ってありません。しかし、当院の統括院長である麻生のもとには海外だけではなく、国内から同業である美容外科医が技術を見たいと訪れることが数多くあります。麻生は「美容先進国と言われる韓国は、競争の社会であり能力が同じであれば容姿で比較すると言われることも影響し、技術の進歩も速いと感じる」と言います。
当院の患者様には容姿が変わることで表情や行動が変わり、多くの人が「人生が変わった」と笑顔で話します。美容外科はメンタルに密接な科目であり、施術の結果は常に人に見られる部位が多いため、繊細で高い技術レベルと合わせて、患者様の心を理解する力が必要です。
当院は、日本の美容外科業界の技術が発展し「変わりたい」と思う女性の未来を変えられるよう、技術の進歩をリードすることを目指しています。
今回視察時に行う「1Day豊胸」は、日本美容外科学会で論文発表した当院オリジナルの豊胸術であり、時間や、術後の状態など、患者様の体に配慮した施術方法です。当院の医師は海外の医師との交流や米国、韓国、中国、ヨーロッパなどの海外医療研修など、世界の最先端の美容医療を学んでいます。

◆メスを握るのは10年以上の経験を持つ医師のみ
当院では、美容外科医師として10年以上の経験を持つ医師、または形成外科学会から認定を受けた医師が更に3年以上美容外科医として経験を積んだ医師のみ、メスを握り施術を行います。形成外科認定医になるためには、医科大学卒業後7年以上の形成外科医師としての経験が必要です。
日本においては美容外科が認知されにくい文化があります。「変わりたい」の望む患者様の不安を払拭できる技術の提供にこだわっています。

◆独自の豊胸術「1Day豊胸」
当院の豊胸術は10年以上の実績があり、その中でも「1Day豊胸」は今回の視察だけでなく、上海の美容イベントで講演を行うなど海外の医療関係者からも注目を浴びています。
「1Day豊胸」は、施術後の休憩の時間を含め、クリニックの滞在時間が約3時間であり、患者様にとって負担が少ない日帰りが可能な豊胸術です。また、痛みや施術跡、その後のケアなども患者様の体の状態に配慮して考案されています。
最近はバストの悩みを相談する患者様が増えており「大きくしたい」「女性らしい服が似合うようになりたい」という内容や「出産後、若々しいバストでなくなったことがショック」などの声があります。
当院は「セカンドオピニオン外来」も行っており、豊胸術をはじめ、どの施術に対しても美容医療を正しく理解できるように説明し、患者様にとって「最良な施術な何か」を伝えています。
今後も施術後の生活に笑顔が増えるよう、技術の向上と美容外科の発展を目指していきます。


医療法人社団東美会理事長 東京美容外科 統括院長
麻生 泰(あそう とおる)医師
美容外科の医師は心の悩みを聞くことが多く、また技術では結果が常に人の目に触れる施術を行っているため、人としても技術に関しても日々進化することが必要と思っています。「当院に来院される人からは、自分の外見が変化することによって、表情が変わり、自信が生まれ、未来に向けてチャレンジする勇気になったと言われます。
私の好きな言葉に「過去は変えられないが、未来は変えられる」があります。
1回しかない人生の時間を悩む時間より、楽しむ時間が多くなる人が増えることを目指しています。
<プロフィール>
藤田保健衛生大学校医学部卒業後、大阪医科大学形成外科にて研修医修了を経て岡山大学形成再建外科に勤務。その後、大手美容外科院長、診療部長を歴任後、東京美容外科を設立し統括院長となる。また、慶応義塾大学大学院にて血管解剖を研究。医学博士号取得(慶応義塾大学)
アメリカのビバリーヒルズをはじめ、美容先進国の韓国など、様々な国で手技を学び、美容先進国韓国の美容外科における第一人者たちが集結した「ソウルリーガー」に日本ドリームチームの一員として招聘される。
著書:「美容外科医の本音」「薄毛治療の新常識」「間違いだらけの薄毛対策」



【東京美容外科クリニック一覧】URL:https://www.tkc110.jp/
東京美容外科 青森院/東京美容外科 秋田院/東京美容外科 仙台院/東京美容外科 東京銀座院/東京美容外科 東京新宿院/東京美容外科 東京赤坂院(7月開院予定)/東京美容外科 大阪梅田院/東京美容外科 広島福山院/東京美容外科 山口下関院/東京美容外科 佐賀院/東京美容外科 長崎諫早院/


<報道関係者 お問い合わせ先>
東京美容外科 広報事務局
TEL:03-5411-0066  
FAX:03-3401-7788
E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当: 柴山(携帯:070-1389-0172)
  • 医療、福祉

会社概要

商号
東京美容外科(トウキョウビヨウゲカ)
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.