2018年10月04日 13:00

日本人は休暇を取らない?-文化的背景の中のデータで見る日本人の「休暇」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月―東京  本年9月にイプソスが発表した、グローバル・アドバイザー調査のレポート『「休暇」を実行する方法』では、日本は、「少なくとも1週間自宅から離れたところで休暇を過ごした、あるいは、これから過ごす」と回答した人々の割合が世界27カ国の中で最低の24%という結果でした。また、「与えられた休暇日数をすべて使う」 と回答した人の割合でも日本は34%で27カ国中で最低の割合、「休暇中には、仕事のメッセージやeメールをチェックしない」人の割合は32%で、27か国中26番目という結果でした。

調査結果だけを見ると、よく言われるように日本人は仕事人間であり、休暇を与えられたとしても休むことができない、あるいは休みたがらないという見解が裏付けられたように見えます。「日本人は仕事中毒だ」と結論付けてしまいそうになりますが、数字の裏の人間の姿というものは、やはり文化的背景によって説明が付くのです。
イプソスでは、以下の日本文化に関するポイントを中心に、この調査結果を考察しています。

● 日本の労働文化のなかの休暇の仕組み
● 他の人に迷惑をかけていはいけないという文化
● 国民の祝日

この調査結果に関する考察を『文化的背景の中のデータ―日本の「休暇」』としてまとめました。
弊社ホームページからダウンロードできますのでご利用ください。
https://www.ipsos.com/ja-jp/data_in_context_vacations_in_japan 

グローバル・アドバイザー調査結果 「休暇を実行する方法」はこちらからダウンロードできます。
https://www.ipsos.com/ja-jp/way-get-away-0 

■ ■ ■  イプソスについて  ■ ■ ■
1975年創業。イプソスはリサーチのプロフェッショナルが経営する世界第3位のグローバル市場調査会社です。
世界89カ国の拠点では、16,000人以上のスタッフが、5,000を越えるクライアントにサービスを提供しています。年間の調査プロジェクト数は10万件以上、実施インタビュー数は7,000万件以上に上ります。
GreenBook Research Industry Trend Report 2017で最もイノベイティブなリサーチ会社の第2位に選ばれました。
Ipsos in Japan ホームページ: https://www.ipsos.com/ja-jp 

本件についてのお問い合わせ:
イプソス株式会社 マーケティング&コミュニケーション担当
TEL: 03-6867-8001  Email: japan.info@ipsos.com
  • ライフスタイル

会社概要

イプソス株式会社
商号
イプソス株式会社(イプソスカブシキガイシャ)
代表者
内田 俊一(ウチダ シュンイチ)
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
TEL
03-6867-8001
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.ipsos.com/ja-jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.