2018年10月05日 13:00

災害の多い日本に、モノを見守り監視する決定版!見守りIoTを監視したい場所に手軽に設置して見守り監視できるサービス『ミテテル』全国展開スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IoTシステムと通信機器サービス事業を行っているアイ・サイナップ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 江藤潔)は、手軽に設置してモノを見守り監視できるIoTサービス『ミテテル』を2018年10月5日から全国展開(LPWA通信エリア対象)にて提供を開始します。

※IoTとはInternet of Things の略であらゆるモノをインターネットに接続します。
※LPWAとはLow-Power Wide-Area Networkの略で、IoT装置をインターネットに接続する通信規格です。

京セラコミュニケーションシステムが展開するsigfox(https://www.kccs.co.jp/sigfox/)や
KDDIなどが展開するLTE-M(http://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/iot-lpwa/)が
選択できます。

【社会見守りサービス『ミテテル』の概要】
『ミテテル』は、インターネットに直接接続するLPWAとGPS、3軸重力センサーをバッテリ駆動して、設置した場所の変異を監視しながら1年間維持動作します。

クラウドサービスの専用監視画面により、スマートフォンやタブレット端末、パソコンで位置と状態が可視化されます。サービスエリアは全国(一部地域除く)が対象です。
sigfoxの詳細エリアは、こちらから確認できます。
https://www.sigfox.com/en/coverage
LTE-Mの詳細エリアは、こちらから確認できます。
http://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/iot-lpwa/area/

これまでの監視方法は法面に杭とワイヤーを張ってセンサーを設置し、通信機器は電源の取れる場所に設置する必要があり電源工事などの費用が必要となるため導入費用が高くなっています、さらに毎月の通信に3Gを使用しているのでランニングコストが負担となっていました。そのため広く設置することができませんでしたが、バッテリ駆動で設置コストが安く本体価格も5万円程度、ランニングコストも年1万円程度と既存方式の1/10程度に抑えられ非常に導入しやすくなっています。

【無線通信規格】
・省電力広域無線通信LPWAのいずれかを
sigfox(シグフォックス)
LTE-M(エルティイ・エム)

【供価格(税抜き)】
・センサボックス本体費:\48,000-/台 (税別・利用可能期間:2年間まで*)
・クラウドサービス利用料 : \980-/台・月(税別・年単位での契約となります)
* 2年毎に専用バッテリ(maxell製)を交換して継続利用できます。

【会社概要】
会社名:アイ・サイナップ株式会社
代表者:代表取締役社長 江藤 潔
所在地:東京都港区三田1-4-28三田国際ビル2階
TEL:03-5476-0277
URL:http://www.ai-cynap.com/
E-Mail:customer@aicynap.com
事業内容:通信機器メーカー、クラウドザービス提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:アイ・サイナップ株式会社
担当者:緒方 秀俊
TEL:03-5476-0277
E-Mail:ogata@aicynap.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アイ・サイナップ株式会社(アイサイナップカブシキカイシャ)
代表者
江藤 潔(エトウ キヨシ)
所在地
〒106-0046
東京都港区元麻布2-2-9-101 
TEL
03-5476-0277
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://ai-cynap.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.