2018年10月15日 09:00

“働き方改革”を後押しする「ABookシリーズ」がモバイルコンテンツ管理(MCM)市場において4年連続トップシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エージェンテック(東京都千代田区、代表取締役社長:金 淙採)は10月15日、株式会社ミック経済研究所(東京都港区、代表取締役社長:有賀 章)の調査レポート「コラボレーション・モバイル管理パッケージソフトの市場展望2018年度版」において、「ABook(エーブック)シリーズ」が前年に引き続き2017年度のMCM市場(パッケージとSaaS・ASP)の出荷金額、出荷ID数ともにトップシェアになったことをお知らせします。出荷金額、出荷ID数ともに1位となったのは4年連続。
前年に引き続き、出荷金額、出荷ID数ともにシェアを拡大、マーケットリーダーとして市場をけん引しております。2018年度についてもさらなる拡大が見込まれます。
「ABookシリーズ」は、モバイルコンテンツ管理ソリューション「ABookBiz(エーブック・ビズ)」(http://abookbiz.agentec.jp/)を中心とした製品群。「営業支援ツール」「接客ツール」「資料・マニュアル共有ツール」として活用され、「営業力向上」「業務効率改善」「ペーパーレス化」などの効果を発揮。“働き方改革”を後押しするソリューションとして、様々な業界で導入が進んでおります。今年3月には作業現場の“働き方改革”につながる「ABookCheck(エーブック・チェック)」(http://abookcheck.agentec.jp/)をリリース。建設業、製造業などから注目を集めており、市場のさらなる拡大に寄与するものと考えております。

■「ABook」(http://abook.agentec.jp/)について

ABookは2011年2月にリリースしたコンテンツ管理プラットフォームです。マルチデバイス(タブレット、スマートフォン、PC)に対応したリッチコンテンツ(ドキュメントに動画や音声などを組み合わせたコンテンツ)を簡単に作成し、安全に共有することができます。コンテンツの閲覧データなどを収集・分析することで、マーケティングツールとしても利用できます。

■株式会社エージェンテックについて

[代表取締役社長] 金 淙採(キム・ジョンチェ)
[事業内容]コンテンツ管理ソリューション「ABookシリーズ」、ビジネスVRソリューション「VR2.0シリーズ」を中心に事業を展開。「VR2.0シリーズ」の「Smart360」は国内の2つのアワードを受賞(※)、企業としては昨年9月に「2017 Red Herring Top 100 Asia」に選ばれるなど高い評価をいただいております。
[本社所在地] 東京都千代田区九段南3-2-7 いちご九段三丁目ビル3階
[URL] http://www.agentec.jp/
※ 「MCPCaward2016 プロバイダー部門 優秀賞(2016年11月)」「第29回中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門 優秀賞(2017年4月)」
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社エージェンテック
商号
株式会社エージェンテック(カブシキカイシャエージェンテック)
代表者
金 淙採(キム ジョンチェ)
所在地
〒101-0041
東京都千代田区九段南3-2-7 いちご九段三丁目ビル3階
TEL
03-3239-3681
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.agentec.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.