2018年11月02日 14:00

出張とレジャーを掛け合わせた「ブリージャー」が全世界で人気急増中 ~ブリージャー人気都市、東京がアジア太平洋地域でトップ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界44,000社、5,610万人に利用されている出張・経費管理クラウド「SAP Concur」のデータをもとに「出張(Business Travel)」と「レジャー(Leisure)」を併せた「ブリージャー(Bleisure)」に関する調査結果を本日発表、ブリージャーをする出張者が全世界的に急増していることが分かりました。

ブリージャーとは出張に観光やレジャーの日程を追加した新しい出張スタイルです。2017年1月から12月までの1年間でSAP Concur内に蓄積された出張・経費データによると、220万件以上のブリージャーが全世界で行われており、全出張件数の約10%を占めています。これは前年比でいうと約20%増となります。出張を利用して、旅行をリーズナブルに楽しむ出張者が増えてきたこと、また企業がそれを認めているという背景がうかがえます。以下が主な傾向です。

(1) ミレニアル世代だけではない。すべての世代でブリージャーが人気
世界的にみて、出張におけるブリージャーの割合は平均してミレニアル世代(1983~1999)がもっとも高くなっています。2017年、南北アメリカ地域ではミレニアル世代が38%を占めているものの、ジェネレーションX(1965~1976)、ベビーブーム世代(1946~1964)ともに31%と引けを取らない結果となりました。

ちなみに、日本は他国と最も傾向が異なり、ブリージャーの割合はミレニアル世代(36%)よりもジェネレーションX(44%)の方が高くなっていることが分かりました。

(2) ブリージャーは世界中で拡大。観光旅行人気都市トップ20での滞在が多い
2016年と比較すると、2017年ではEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)では46%、アジア太平洋地域では45%、そして南北アメリカ地域では19%と、全世界でブリージャーが増加していることが分かりました。

また、南北アメリカ地域で人気の都市トップ3はニューヨーク、シカゴ、ロサンジェルス、EMEAではテルアビブ(イスラエル)、ロンドン、パリ、アジア太平洋地域では東京、シンガポール、上海という結果になりました。出張以外の観光旅行のデータも保有しているConcur Hipmunk*1のデータと比較しても、これらのブリージャー人気都市は、それぞれの地域における観光旅行人気都市トップ20に入っています。出張者が人気都市で滞在を伸ばしたいと考える傾向にあることが分かります。

(3) Airbnbが宿泊難民の出張者を救う。特に、ミレニアル世代によるAirbnb利用が進む
ホテル以外でも、昨今Airbnbが出張者にとって重要な宿泊先となっています。例えば、トレードショーが重なる時期にホテルが取れなかったり、宿泊費が急騰することもあります。また、団体で出張した際、同じ宿泊施設に泊まる必要がある場合もあります。そして、ブリージャー目的で利用したい人もいます。SAP Concurのデータによると、ブリージャーの出張はホテル宿泊の場合、全体の10%に対し、Airbnbを利用した場合、70%になることが判明しました。また、ホテル以外の宿泊が急増している都市や時期を見ると、ホテルの宿泊料が通常より16%も高騰していることが判明。Airbnbといった、ホテル以外の宿泊に拍車をかけている要因といえます。

また、SAP Concurの経費データによると、Airbnbを利用したブリージャーに特徴的なのは、76%がミレニアル世代の利用であり、ベビーブーム世代はわずか6%となっています。

(4) ブリージャーの時期や期間は世界的に同一の傾向。ただし、業種に偏りがある
世界的に、9月と10月は他の時期と比べて、ブリージャーの件数がそれぞれ15%、18%と増加傾向にあります。また、業種については、以下の傾向が見られます。
● 製造、技術、金融サービスがブリージャーのトップ3であり、2017年のブリージャーの4割を占める
● ブリージャーでの追加日数は、平均2日。政府から受注を受ける政府請負業者については、他の業種よりも1日長い

社員にとって、便利で効率よく、そしてお得にレジャーができるブリージャーという新しい出張スタイルは、出張をより楽しめる方法として人気が出ています。また、従業員の生産性や満足度向上という面で企業からも注目されており、最近のGBTAの調査(https://hub.gbta.org/groups/reviews/item/20/11/2633)によると、78%の企業が社員に会社の出張用オンラインブッキング手段を使ってブリージャーの手配をすることを許可しています。今後ブリージャー利用者がますます増加することが期待されます。

調査方法
2017年1月から12月までにSAP Concurに蓄積された出張・経費データを利用、土曜日の夜の宿泊を含んでいる出張をブリージャーとみなし分析しています。

*1 Concur Hipmunkとはメタサーチ系のトラベルブッキングツールであり、ホテル、フライト、レンタカーなどを、ワンストップで手配できます。また、Concur ExpenseやTripItなどと連携することで、旅程管理、経費精算の効率化を実現します。また、本サービスは業務渡航だけでなく、一般の旅行でも利用可能です。(ただし、日本では未提供)

■株式会社コンカーについて
世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に株式会社サンブリッジとジョイント・ベンチャー方式で設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)』・『Concur Travel(出張管理)』・『Concur Invoice(請求書管理)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。
コンカーの詳細については https://www.concur.co.jp をご覧ください。

■SAP Concurについて
20年以上にわたり、出張・経費・請求書・コンプライアンスそしてリスクなどの間接費に関するすべての管理を自動化することで、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAP Concurの世界標準の知見と業界トップのイノベーションは、多種多様なパートナーとアプリケーションのエコシステム、従業員のムダな時間削減を支援するソリューションや最先端の技術、そして包括的な出張・経費データの活用を通じ、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。ユーザーフレンドリーですぐにビジネスに活用できるSAP Concurのソリューションは、ビジネス課題の複雑性を低減と間接費の可視化を促進することで、企業に強力な洞察力を与え、積極的な間接費管理を実現します。詳細はhttps://www.concur.comまたはSAP Concur ブログをご覧ください。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社コンカー
商号
株式会社コンカー(カブシキカイシャコンカー)
代表者
三村 真宗(ミムラ マサムネ)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 8階
TEL
03-4570-4600
業種
ソフトウエア
上場先
その他
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.concur.co.jp
IR情報
https://www.concur.co.jp/about
公式ブログ
https://www.concur.co.jp/newsroom
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.