2018年11月16日 18:00

映画『めんたいぴりり』ビジュアル&予告編解禁! 博多華丸・富田靖子W主演による感動物語。 華丸さんのコメントも!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『めんたいぴりり』ビジュアル&予告編解禁!
博多華丸・富田靖子W主演による感動物語。

普段何気なく食べている<明太子>。
そこには、成功の陰にあった知られざる家族の絆、そして激動の昭和があった━。
日本で初めて明太子を製造し、販売した福岡・博多の「ふくや」創業者・川原俊夫。
商標登録も製造法特許も取得せずに、地元同業者に製造方法を教え、
博多名物として定着するきっかけを作った男。
そんな川原の人生をモデルに戦後の混乱期を乗り越え、
経済は復興から成長へとシフトしていく昭和を背景に描く感動物語が誕生しました。
主演に、福岡出身の博多華丸。妻役に同じく福岡出身の富田靖子。
2013年にTVドラマ化、その後、舞台化もされた福岡では知らない人はいない
「めんたいぴりり」が、遂に映画化となり、来年1月18日(金)より、
新宿バルト9ほか全国ロードショーが決定いたしました。

今回、解禁されたビジュアルでは、「博多明太子を夢見た、夫婦の物語」の
キャッチコピーと共に、W主演の博多華丸と富田靖子の二人が、
明日を夢見て肩を寄せ合う仲睦まじい夫婦のカットと共に、
「明太子つくり」に奮闘する博多華丸の喜怒哀楽すべての表情を詰め込んだ
デザインに仕上がっております。また、ビジュアルの下部には、
福岡出身のでんでん、吉本美憂、田中健ほか、柄本時生、高田延彦、中澤裕子などの
豪華競演陣を配して作品に彩りを加えております。

また、予告編でも博多華丸の「諸君!お早う!!」の元気な声と共に始まり、
明太子で人を幸せにしたい!!と願う、実話をモデルにした
夫婦の出会いと別れを繰り返しながら福岡でたくましく生きる姿の
笑いと涙がギュッと詰まった人情ドラマの予告編に仕上がっております。

※予告編は公式YouTube:https://youtu.be/3oSEp5KA1FM
公式ホームページ:http://piriri_movie.official-movie.com

また、今回の解禁に併せて、
主演の博多華丸さんより、
コメントが到着!

こんにちは博多華丸です。いえ、海野俊之です。
ドラマを2回、博多座で1回やったふくのやの集大成になる映画です。
やれることはやりました!出せるもんは出しました!もう鼻血もでません!
せめで同時上映で『もつ鍋ニラニラ』とか『ゴマ鯖ごまま』でも
やってくれるのであれば、心強いのですが、
今回は『めんたいぴりり』だけの上映ということで、
みなさんのお口に合えば幸いです。
2019年のお正月、数の子代わりに召し上がれ。



<物語>
昭和30年代の博多。
戦後の傷跡が残る中洲の一角で海野俊之(博多華丸)は
小さな食料品店「ふくのや」を立ち上げ、妻・千代子(富田靖子)と営んでいた。
バカがつくほどの“お人好し”で、「博多祇園山笠」に情熱を燃やす
“のぼせもん”である俊之は、
「おいしいもので人を幸せにしたい」との思いから、
生まれ育った韓国・釜山で出会った総菜をヒントに
日夜「明太子」づくりに精を出していた。
試行錯誤の末、明太子づくりが軌道に乗り出した矢先、
俊之の明太子の一番のファンだった元博多人形師・丸尾の死、
可愛がっていた英子の旅立ちなど悲報が相次ぎ、
明太子では誰も幸せにできないと自信喪失する俊之。
ついには明太子づくりを諦めてしまうが…。

監督:江口カン 脚本:東憲司
出演:博多華丸/富田靖子/博多大吉/中澤裕子
高田延彦/吉本美憂/柄本時生/田中健/でんでん
原作:川原健「明太子をつくった男~ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営~」
2018年/日本/カラー/上映時間:115分/シネマスコープ
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
(C)2019『めんたいぴりり』製作委員会  
http://piriri_movie.official-movie.com


  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(カブシキガイシャヨシモトクリエイティブ・エージェンシー)
代表者
藤原 寛(フジワラ ヒロシ)
所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿5丁目18番21号 旧新宿区四谷第五小学校
TEL
03-3209-8300
業種
エンターテイメント
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.