2019年01月17日 09:00

【ABIリサーチ調査報告】米国の5G

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【調査レポートのサマリー】
2019年1月発行
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】米国の5G」は、米国の5Gのエコシステムを概説し、開発、周波数帯割当、M&A動向、主要な利用ケースなどを記載している。中国、日本、韓国などに比して、米国はモバイルサービスプロバイダの強固な財政的な地位、高度な通信エコシステム、5Gの周波数割当の完了、活動的で柔軟性の高い規制当局などの優位点がある。すべての4社のモバイルサービスプロバイダが5Gサービスを2019年第1四半期末に開始するが、各社は異なった手法をとっている。ベライゾンはまず家庭用5Gブロードバンドに注目し、AT&TはWi-Fi経由の5Gホットスポットをすでに販売しており、Tモバイルは低域の国内カバレッジに注目していて、スプリントは2.5GHzとアップグレードできるマッシブMIMOアンテナに注目している。調査対象企業は、AT&T、スプリント、Tモバイル、ベライゾン、エリクソン、ノキア、サムスンである。

The aim of this report is to provide an overview of the 5G ecosystem in the United States, including deployments, spectrum allocation, M&A activities, and main use cases. Compared to other early movers such as China, Japan or South Korea, the United States has a unique position based on its mobile service providers' enhanced financial position, developed telecommunication ecosystem, already allocated 5G spectrums, and active and flexible regulatory authorities. All four MSPs will start their 5G service the end of Q1 2019, however, operators are using different methods: While Verizon is focusing on 5G home broadband first, AT&T already started to sell its 5G hotspot which is sharing throughput over Wi-Fi, T-Mobile is focusing on nationwide coverage in low-band, and Sprint is focusing on 2.5 GHz and the upgradeable Massive MIMO antennas.

Beyond the first 5G related industrial applications, the report also includes a forecast about the number of the 5G capable devices and 5G subscriptions in the United States. During 2019, ABI Research expects that mobile service providers will deploy eMBB first in megacities, dense urban areas, live sharing locations (e.g., stadiums and concert venues), urban commuter routes, spectrum exhaust areas, and company and university campuses. ABI Research gives a holistic overview of the key players in the U.S. 5G landscape: vendors, mobile service providers, furthermore also present the upcoming trends, potential M&A activity. Overall, this summary examines the main bottlenecks and opportunities, and aims to help understand one of the most influential 5G early adapter in the world.

Companies profiled in this report include AT&T, Sprint, T-Mobile, Verizon, Ericsson, Nokia, and Samsung.



ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。



■ 調査レポート ■

【分析レポート:アプリケーション】米国の5G
5G in the United States
Application Analysis Report
出版社: ABIリサーチ(米国)
出版年月:2019年1月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian2830.html

【サービス区分】5G&モバイルネットワークインフラ
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1237


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社データリソース(カブシキガイシャデータリソース)
代表者
佐々木 浩(ササキ ヒロシ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
TEL
03-3582-2531
業種
その他
上場先
未上場
会社HP
http://www.dri.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.