2019年05月09日 13:30

トリプルアイズ社『Raynz』囲碁AI世界大会結果につきまして~博思杯2019~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智、資本金:3億7千万円[資本準備金を含む])は、2019年4月26日~30日にかけて中国の福州市にて開催された【博思杯2019囲碁AI世界大会】に、囲碁AIチーム『Raynz』として出場致しました。

大会初日は予選が開催され、3勝2敗の4位で決勝トーナメントへと進みました。


準決勝では韓国の『Baduki』、3位決定戦ではベルギーの『Leela Zero』に敗れたものの、当社史上最高位となる4位を獲得することができました。

・3位決定戦終了後のトリプルアイズ社代表・福原のコメント(Twitterアカウント(@FukuharaSatoshi)より引用)

「2019年 世界囲碁AI大会
3位決定戦
Raynz:黒
LeelaZero:白
https://gokifu.net/t2.php?s=4611556423291521&g=e

256手目、IT会社らしくRaynz投了となりました
それでも世界4位は立派です。
今回はRaynzチームの成長を大きく感じ
エンジニアの格闘が裏側で凄まじくありました。
次回は8月山東省です。」

次回大会(現在8月大会に出場予定)は『GLOBIS-AQZ』で出場し、グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人氏)、囲碁AI「AQ」開発者・山口祐氏、公益財団法人日本棋院(東京都千代田区、理事長:小林覚氏)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(東京都千代田区、理事長:中鉢良治氏)とともに世界一を目指します。

『GLOBIS-AQZ』
テクニカルアドバイザー
大橋拓文氏より頂いたコメント
「トリプルアイズさんの『Raynz』は12月の大会時に比べてかなり強くなっていたと思います。
8月の大会の前哨戦とも言える今大会で4位を獲得した経験を活かし、8月の大会では『Raynz』と昨年世界2位を獲得した山口氏の『AQ』がタッグを組み『GLOBIS-AQZ』として世界一獲得を目指していきたいですね。」


トリプルアイズ社は引き続き囲碁AI大会等を通じ、
世界レベルに通じる人工知能技術研究に注力して参ります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社トリプルアイズ
商号
株式会社トリプルアイズ(カブシキガイシャトリプルアイズ)
代表者
福原 智(フクハラ サトシ)
所在地
〒161-0062
東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビルディング12F
TEL
03-3526-2201
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.3-ize.jp/
IR情報
https://www.3-ize.jp/information/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.