2019年06月04日 11:30

【Sports for All 吉祥寺×ラグビー】開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武蔵野市(市長:松下玲子、以降:本市)、武蔵野市教育委員会、東京2020大会等武蔵野市実行委員会は、令和元年6月2日(日)に、吉祥寺駅北口平和通りにて、ラグビーの普及啓発を目的としたイベント「Sports for All 吉祥寺×ラグビー」を開催しました。

本市は、9月から始まるラグビーワールドカップ2019TM開幕戦で日本代表と対戦する「ロシア代表」の公認チームキャンプ地です。本市とロシアとの間には、1992年にハバロフスク市と締結した青少年相互交流協定があり、長年にわたる交流の歴史があります。ロシア代表の公認チームキャンプ地として、本番に向けて受け入れ態勢を整えるとともに、市民との交流の機会を創出していきます。

本イベントでは、吉祥寺駅前の平和通りを車両通行止めにし、ラグビー場が登場しました。
また、武蔵野市を本拠地に活動するラグビーチーム「横河武蔵野アトラスターズ、横河武蔵野アルテミ・スターズ」の選手によるデモンストレーションや、ストリートラグビー体験のほか、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏をお迎えし、ラグビーの魅力やラグビーワールドカップ2019TMの見どころについてお話しいただきました。

■ゲストトーク■

 ラグビーワールドカップの魅力について聞かれると、「4年に一度ということで、選手もお客さんも熱量が違うので雰囲気を感じ取ってほしい」とコメントしました。日本代表選手については、「勝つことを目指すのは当たり前だが、お客さんに応援したいな、と思ってもらえるような良い試合をしてほしい」と期待を述べました。
 ご自身の活動であるスクラムユニゾンについては、「国歌を通してその国の文化を学ぶことができる。みんなで歌って最高の思い出にすることがレガシーになると思う」と語りました。
 最後に、会場の来場者へ「初のアジア開催ということで、僕たちにとってはとても大切な大会。日本の方々に関心を持ってもらうことが大事だと思うので、みなさんでそのムードを作ってほしい」とメッセージを送りました。

■デモンストレーション&ラグビー体験■

 武蔵野市を本拠地に活動するラグビーチーム「横河武蔵野アトラスターズ、横河武蔵野アルテミ・スターズ」の選手によるデモンストレーションが行われました。この日初めてラグビーを見るという来場者が多い中、選手同士による迫力のタックルが行われると、驚きながらもワクワクした表情を浮かべて見入っていました。
 また、会場内では、ラインアウトリフトアップ、ヒットターゲット、パスターゲットの種目を選手たちと一緒に体験できるエリアや、3人対3人でプレーするストリートラグビーも展開されました。平和通りに登場した芝生のラグビー場で、老若男女問わず多くの来場者がラグビーを楽しみました。

■「武蔵野市×コアミックス」コラボ企画■

 SNSでプチバズリ中の本企画では、「北斗の拳」に加え、「前田慶次かぶき旅」「今日からCITYHUNTER」「終末のワルキューレ」キャラクター×ラグビーのオリジナルイラストが、フォトパネルになって吉祥寺の街に出現しました。パネルと一緒に写真を撮り、SNSに投稿すると、抽選で150名様に「武蔵野市×コアミックス」のオリジナルTシャツが当たります。
それぞれのスポットで、思い思いに撮影する来場者の姿が見られました。
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
武蔵野市(ムサシノシ)
代表者
松下 玲子(マツシタ レイコ)
所在地
〒180-8777
東京都武蔵野市緑町2-2-28 
TEL
0422-51-5131
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
会社HP
http://www.mhlw.go.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.