2019年06月11日 09:00

【新刊書籍】「オウム真理教 偽りの救済」(集英社クリエイティブ刊) 6月26日発売!  13人の死刑が執行されて1年。地下鉄サリン事件以来、長年取材を追い続けてきた東京新聞社会部記者の集大成。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年7月、麻原彰晃と幹部信者13人の死刑が執行された。弁護士一家殺害事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件……。「戦後最大の刑事事件」と言われたオウム真理教の数々の事件の背景には何があったのか? 実態はどうだったのか? 彼らが信じたものは何か? そして、何を残したのか? 

「オウム真理教 偽りの救済」
 2019年6月26日発売
 発行=集英社クリエイティブ
 発売=集英社
 定価=本体1600円+税
 四六判ソフトカバー 288P
 ISBN978-4-420-31083-3

 
 著者は、1995年の地下鉄サリン事件以降、元信者や裁判の取材を続け、死刑囚・無期懲役囚との面会や手紙のやり取りを続けてきた400通に及ぶ手紙を死刑囚や無期懲役囚らと交わし、事件の被害者、元信者、死刑囚の家族たちからも話を聞いてきた。「教祖・麻原」に出会い強烈な神秘体験をしていたら、同じ時代を過ごした自分も巻き込まれていたかもしれない……そんな思いを抱きながら、オウム真理教と一連の事件、および刑事裁判、警察・検察の問題点に迫っていく。

目次:
序章/第1章 時代/第2章 超能力/第3章 欲望の象徴/第4章 武装化/第5章 救済殺人/第6章 師弟対決/
第7章 捜査迷走/終章 終わらないオウム事件/墓碑銘
*墓碑銘:死刑執行された12人への「墓碑銘」と題された文章では、一人ひとりの幹部信者たちの人柄や、裁判や刑期中にどのように過ごしていたのか、死刑執行をどのように迎えたのかが語られる。

*山形刑務所にいる杉本繁郎無期懲役囚は5000枚に及ぶ手記や回想録を書いている。著者は、杉本との長年の交流に基づき、本書に記された教団で起きた出来事について、知る限りの「ファクトチェック」をお願いしている。


 フェイクニュースを信じ、妄想によって暴走する――さらに「オウム化」した現代を生き抜くために!
教祖の妄想から作り出された不可解な価値観を信じ、外部に敵をつくり暴走した教団。陰謀論やフェイクニュースがはびこり、単純な思考によって攻撃的になる現代社会は、オウム的な世界とどこか似ているのではないだろうか? さらに「オウム化」していないだろうか?


★著者プロフィール
●瀬口晴義(せぐち はるよし)
1964年生まれ。東京新聞記者。87年に中日新聞入社。東京新聞社会部で司法担当記者を長く担当。95年3月の地下鉄サリン事件以来、オウム真理教事件の報道を続ける。元信者や刑事裁判の取材、死刑囚、無期懲役囚との面会、手紙のやり取りを重ねる。2009年8月から2013年10月まで、東京新聞の朝刊1面コラム「筆洗」を担当。2015年には金子兜太・いとうせいこうを選者とした「平和の俳句」を企画、担当した。著書に『人間機雷「伏龍」特攻隊』(講談社)、『検証・オウム真理教事件』(社会批評社)ほか。

http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/1597/

【お問い合わせ先】集英社クリエイティブ 03-3239-3813

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

添付資料

  • オウム真理教書影.jpg

会社概要

商号
株式会社 集英社クリエイティブ(カブシキカイシャ シュウエイシャクリエイティブ)
代表者
茨木 政彦(イバラキ マサヒコ)
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-23-1 
TEL
03-3288-9821
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.shueisha-cr.co.jp/
IR情報
http://www.shueisha-cr.co.jp/
公式ブログ
https://www.facebook.com/shueishacr/?ref=bookmarks
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.