2019年06月20日 11:30

八戸東和薬品、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を採用 ~データ集計を自動化しアジャイルな営業体制を確立~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 潤)は、青森県八戸市を中心としたジェネリック医薬品の卸を主事業とする八戸東和薬品株式会社(本社:青森県八戸市、代表取締役:高橋 匠)が、BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を採用したことを本日お知らせします。リアルタイムに更新されるデータにより、変化点から臨機応変に方針を転換することが可能となり、アジャイルな営業体制を確立することができました。


【八戸東和薬品株式会社について】
 八戸東和薬品は、青森県の八戸市を中心に後発医薬品(ジェネリック医薬品)の卸を主事業とし、現在200件を超える保険薬局、150件を超える診療所、病院などを中心に幅広く商品を提供しています。


【背景】
 八戸東和薬品では、取り扱う製品数は約800、品目数は約1,500に及び、注文に対しては欠品することなく、迅速で正確な納品を求められます。加えて、これらの医薬品は、1 ~ 2年に一度の頻度で厚生労働省による公定価格(薬価)の改定が行われ、そのたびに単価は10 ~ 13%も引き下がります。売上を伸ばすためには販売数量を増やす必要があり、より緻密な売上管理が必要でした。
しかし、利用していた販売管理システムでは、売上をお客様単位でしか集計が出来ず、商品ごとの売上や回転率などのデータはExcelで作成するため、時間がかかるのみではなく、売れ筋ばかり注力するなど、心理的なバイアスがかかりがちでした。


【効果】
 「MotionBoard Cloud」で構築した売上管理ダッシュボードにより、ビジネス現場の意思決定のスピードアップと経営会議の資料作成に費やす時間が0(ゼロ)となり期待以上の効果をもたらしています。

<意思決定のスピードアップ>
ダッシュボード上のデータはリアルタイムに更新されるため、マネージャーと担当者は最新情報を見ながら会話できます。これにより、お客様の商品注文が急に激減した場合や変化点を察知した場合、臨機応変に方針を転換することが可能となりました。

<データ集計の自動化による工数削減>
毎月の経営会議の資料など、様々なデータソースからデータを集めて資料を作成するのに1時間を要していました。現在は、データ集計が自動化されダッシュボードに表示されるため資料作成の作業時間が0(ゼロ)となりました。


【今後の予定】

 中小企業にとり、人材こそが強さの源泉となりますが、在庫の仕分けを一人が一手に担い、一人に負荷が集中することは課題と捉えています。今後は、一人に負荷が集中しすぎないよう、正確な需要予測に基づいた在庫量の適正化を追求する仕組みを検討していく予定です。



■事例紹介
http://www.wingarc.com/product/usecase/detail.php?id=251



<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

※ウイングアークのFacebookページ
 ユーザー事例・製品情報・イベントなどウイングアークの最新情報をお届けしています。
 http://www.facebook.com/wingarc
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。





  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ウイングアーク1st株式会社
商号
ウイングアーク1st株式会社(ウイングアークファーストカブシキガイシャ)
代表者
田中 潤(タナカ ジュン)
所在地
〒106-6235
東京都港区六本木 六本木グランドタワー
TEL
03-5962-7300
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.wingarc.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.