2019年06月25日 16:00

(株)政策基礎研究所、ミャンマーにおけるネットアンケート調査の一部を公開。ミャンマー人の消費性向が明らかに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(株)政策基礎研究所では、現地在住のミャンマー人を対象とした、ネットアンケート調査サービスを提供しております。

ミャンマーでは未だストリートキャッチでのアンケート調査が主流となっている中、当社は一早くインターネットを使ったアンケート調査のネットワークを構築しました。

現在、約8万人の現地モニターを抱えており、若年層を中心にさまざまなターゲットのスクリーニングが可能となっています。

またシンクタンクならではの、エビデンスに基づいた専門家の分析が好評をいただいております。

今回、4年前に実施した「家電調査」と同内容にて、第2回目の家電調査を実施しました。内容の一部が公開可能となりましたのでご報告いたします。
≪調査対象≫
回答者:432名(男性163名/女性269名)
年齢   19歳未満 20-29歳  30-39歳  40-49歳  50歳以上
人(%) 11 (2.5)270(62.5)104(24.1)37(8.6) 10(2.3)

≪調査期間≫
2018年6月~8月

≪調査結果発表日≫
2019年6月25日

≪調査結果概要≫
●エアコン所持層の年収平均額は、4年前の60万円程度から70万円強に増えており、世帯年収の増加が見られた。

●冷蔵庫の所持層も、年収平均額が30万円程度から62万円へと大幅に増えている他、8割近くの世帯にまで普及が進んでいる。

●電子レンジの所持層は年収平均額が約63万円、購買予定層が約70万円と、調査項目の中では唯一年収平均額が逆転した。これは電子レンジが比較的新しい家電であるため、年収平均額との相関関係が薄く、必要性を感じるかどうかの違いが表れているものと推察される。

●洗濯機は、所持層と「すぐに買う予定」と回答した層で最も年収平均額の差が少なかった。これは洗濯機が「必要なもの」との認識が進み、普及が進んでいる過程であるためと考えられる。

●乗用車について所持層は25%程度に留まっており、他の項目に比べ「年収が増えないと買えない」と回答した人数が多く、乗用車の所有は依然としてハードルが高いことが伺える。

4年前に比べると年収平均額は全体的に増えており、家電も「生活に必要なもの」との認識が広まり、普及が進んでいる姿が見えてきました。

株式会社 政策基礎研究所
■所在地:〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目30番16号 丸高八丁堀ビル3F
■電話(代表):03-6280-3569
■FAX(代表):03-6280-3562
■HP http://doctoral.co.jp/myanmar/marketing/

本件に関するお問い合わせ先
■電話:03-6280-3569
■Eメール:order@doctoral.jp
■担当:菊池
  • 政治、経済、マネー

会社概要

株式会社政策基礎研究所
商号
株式会社政策基礎研究所(カブシキガイシャセイサクキソケンキュウジョ)
代表者
市田行信(イチダユキノブ)
所在地
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-30-16 丸高八丁堀ビル3F
TEL
03-6280-3569
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.doctoral.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.