2019年10月11日 16:00

VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』HISTORICA× VR 2019にて講演&試遊出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あまた株式会社が参画するLL Project(あまた株式会社、株式会社バップ) は、本日、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』において、「HISTORICA× VR 2019」(会期:2019年11月4日 会場:京都文化博物館 別館)にて、ディレクター/プロデューサーの高橋が講演し、試遊出展を行うことをお知らせいたします。

■「第11回 京都ヒストリカ国際映画祭」との連動企画VRイベント「HISTORICA×VR 2019」で講演&試遊出展!
「HISTORICA×VR」は、世界で唯一の歴史をテーマにした映画祭・京都ヒストリカ国際映画祭との連動企画として、京都のVRイベントを開催するKYOTO V-REX実行委員会が参画し共同で昨年から開催されているイベントです。今回、「恐怖表現」や「日本固有の妖怪や魑魅魍魎の世界」をテーマにセミナーが開催されます。
そこに登壇するのが『Last Labyrinth』のディレクター/プロデューサーの高橋宏典。過去に「どこでもいっしょ」シリーズのディレクター/プロデューサーなどを担当した高橋が、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth』において恐怖体験と独特のスリル感をどのような試行錯誤を経てデザインしてきたのかを語ります。
また、実際に『Last Labyrinth』特別試遊版を体験いただけるブースも出展いたします。ぜひお立ち寄りください。

◆HISTORICA× VR 2019 概要
イベント名称:HISTORICA× VR 2019
開催日時:2019年11月4日(月・祝) 12:00~16:40 ※体験展示ブースは11:00~
会場:京都文化博物館(別館)
入場料:無料 ※セミナーは事前登録制
セミナーテーマ(1):VR×ホラー表現
講演内容:脱出VRゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』に見るVRホラー表現最前線
講演時間:13:10~13:50
展示内容:『Last Labyrinth』特別試遊版のプレイアブル展示(HTC VIVE版)
公式URL: https://crossmedia.kyoto/kyoto-vrex/

◆登壇者紹介:高橋宏典
国内ゲーム会社4社、韓国ゲーム会社2社でディレクター、プロデューサーを務める。これまでにアーケード、コンソール、PCオンライン、モバイル、VRと、幅広いプラットフォームでの開発を経験。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(当時)在籍時代にディレクター、プロデューサーを担当したゲーム『どこでもいっしょ』は、マルチメディアグランプリ1999通商産業大臣賞(グランプリ)、第4回日本ゲーム大賞など多数の賞を受賞。現在は、ゲーム開発会社の経営をしつつ、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』のディレクションも行う現役のゲーム開発者。
■『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』とは
『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』は「VR時代の新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトに開発され、VRだから実現できる世界観と、仮想キャラクターとのコミュニケーションを体感できるVR脱出アドベンチャーゲームです。謎の館に閉じ込められたプレイヤーが、謎の少女「カティア」と力をあわせて数々の謎を解きながら館からの脱出を試みます。

2019年11月13日の世界同時・マルチプラットフォーム対応(ダウンロード専用)での発売に向けて開発が進行しています。

本作のディレクター・プロデューサーを務めるのは、『どこでもいっしょ』シリーズのディレクター・プロデューサーを務めた高橋宏典。また、共同ディレクターに『人喰いの大鷲トリコ』や『パペッティア』でレベルデザイン・ゲームデザインを担当した渡邉哲也、リードアニメーターに『ICO』や『ワンダと巨像』でパートナーキャラクターのアニメーションを担当した福山敦子、エンバイロメントアーティストに『グランツーリスモ3 A-spec 』や『グランツーリスモ4』でランドスケープデザインを担当した草場美智子、サウンドデザイナーに『モンスターファーム』や『スーパーロボット大戦』シリーズでサウンド・SEを担当した花岡拓也など、PlayStation(R)の有名タイトルを手掛けてきたメンバーが集結。言葉の通じない謎の少女「カティア」とのコミュニケーションを「VRで表現する」という難しい課題に挑みます。

謎の少女「カティア」の声を演じるのは、『METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN』で、言葉を持たない美しき狙撃手「クワイエット」を演じ、国内外でモデル、女優、歌手として活躍するステファニー・ヨーステンです。

テーマ曲は『聖剣伝説2』、『聖剣伝説3』を始めとする数々のゲーム音楽を手掛けてきた菊田裕樹が作曲。テーマ曲のボーカルは、「クワイエットのテーマ」でもその美しい歌声を披露したステファニー・ヨーステンが務めています。

■『Last Labyrinth』ゲーム概要
タイトル:Last Labyrinth (ラストラビリンス)
ジャンル:VR脱出アドベンチャーゲーム
対応HMD:PlayStation(R)VR、HTC Vive、HTC Vive Pro、Oculus Rift、Oculus Rift S、
Oculus Quest、Windows Mixed Reality Headset
対応機種:PlayStation4、上記HMD推奨PC相当(Intel CoreTM i5 4590 /NVIDIA GeForce GTX 1060以上)
配信ストア(ダウンロード専用):PlayStationTMStore、Steam(R)、Oculus Store、Microsoft Store
プレイ人数:1人
オンラインモード:非対応
発売予定日:2019年11月13日(水)
CERO:D
価格:3,980円(税別)~ ※配信ストアにより異なります。
公式サイト:https://lastlabyrinth.jp
著作権表記:(C)2016 AMATA K.K. / LL Project

■Last Labyrinth製作委員会「LL Project」参画会社概要
会社名:あまた株式会社
代表:代表取締役社長 高橋 宏典
所在地:〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-5-2 佐藤ビル5階
設立:2008年6月25日
事業内容:ゲーム事業他
公式サイト:http://amata.co.jp/
あまた株式会社について:弊社は大手ゲーム会社のスマートフォンゲームの開発を多数手がけているゲーム開発会社です。ゲーム業界のキャリア20年以上のベテランゲーム開発者が多数在籍しており、その豊富な経験を生かしてゲームの企画、開発、運営を行っています。ゲーム開発を軸に、VRや映像、メディアなど、エンタテインメント領域における新規事業への取り組みも積極的に行っています。

会社名:株式会社バップ
代表:代表取締役 社長執行役員 安岡 喜郎
所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町5番地6 日テレ四番町ビル1号館
設立:1981年1月24日
事業内容: CD、レコード音盤などの録音物の企画、制作、製造販売、配信
DVD、ブルーレイディスクなどの録音、録画物の企画、制作、製造販売、配信
ノベルティー用品の企画、制作、製造販売
公式サイト: http://www.vap.co.jp/
株式会社バップについて: 音楽、邦画、洋画、ドラマ、アニメ、バラエティーなどのエンターテインメントコンテンツの企画・制作・販売、宣伝、販促、 営業、配信業務を行う日本テレビホールディングス株式会社の中核企業です。従来からの映像、音楽ソフトに加えて、パッケージのみに頼らない、“新しいビジネスモデルの構築”を積極的に進めています。


“PlayStation”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
(C)2019 Valve Corporation. Steam 及び Steam ロゴは、米国及びまたはその他の国のValve Corporation の商標及びまたは登録商標です。
その他の会社名、製品名、サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
あまた株式会社(アマタカブシキガイシャ)
代表者
髙橋 宏典(タカハシ ヒロミチ)
所在地
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-5-2 佐藤ビル5階
TEL
03-6908-7528
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://amata.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.