2019年12月18日 09:00

ジンコソーラーの460WTigerモジュール 2020年第一四半期量産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月19日に浙江省海寧市で開催されたジンコソーラー2019投資家会議で、ジンコソーラー首席科学顧問の金浩博士が先進技術の発展について説明した。金浩博士の話より、ジンコソーラーは500Wの製品研究開発を行っていると分かった。シリコン系太陽電池モジュールの製造プロセスが物理的限界に近づいている場合、ジンコソーラーはモジュールのエネルギー密度の向上に持続的に努めている。Tigerの生産能力は2020年末までに9-10 GWに向上する予定、その時は、ジンコソーラーは世界で量産化能力首位の太陽光発電会社であるかもしれない。2020年ジンコソーラーは「Cheetah」と「Swan」のプロセスをアップグレードし、「Cheetah+」と「Swan+」を実現し、ユーザーの生活に「実用性」や「利便性」をもたらす。

現在では、440Wの「Cheetah」高効率モジュールと440Wの「Swan」(スワン)両面発電モジュールに比べ、いま量産化予定の460WのTigerシリーズモジュールは最も注目されている。Tigerシリーズモジュールは来年第1四半期から量産を開始する予定である。高効率単結晶と9BB技術に基いた開発されたTigerモジュールは、従来の72セルのモジュールに比べ、効率は20 Wまで向上する。

Tigerシリーズモジュールは全反射を複数回利用し、入射光線の利用率が大幅に向上させる。同時に陰影遮蔽によって、入射光線が通う過程での損失が減らさせる。断面部分の設計は電池との接触面積を増加させ、導電性もより強くなる。とにかく、TR技術は構造設計における最適化と金属相互接続構造の最適化の面で、優位性を持っている。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年9月30日時点で、太陽電池モジュールの総出荷量は3326MWで、総売上高は74.8億元(10億5千万ドルに相当)で、粗利率は21.3%であり、2019年第2四半期の粗利率は16.5%で、2018年第3四半期の粗利率は14.9%であった。営業利益は6.388億元で、前月比145.4%増、前年同期比237.1%伸びた。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.