2019年12月20日 11:00

ジンコソーラーの460W Tiger 先進技術でトップになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月7日、ジンコソーラーは優れた取締役会管理制度と業績によって、「上場会社卓越取締役会賞2019」を獲得した。株主と管理層の中核とする取締役会は、戦略家だけではなく、効率面の監督でもある。企業発展の核心戦略を全面的に貫徹することにっとて、ジンコソーラー新製品、新しいサービスを持続的に構築し、業界の模範となるイメージを確立する。

世界で革新力のある太陽光発電企業として、ジンコソーラーは技術革新をもって、絶えずに製品の品質を最適化し、国内外の取引先からの信頼を得た。最近新設したマレーシア研究開発センターはいま運営されており、Tigerモジュールと技術の研究開発を支援する。ジンコソーラーは最初に460ワットを量産したモジュールメーカーになり、ハイエンドの顧客をターゲット層としており、Tigerは来年下半期業績の主な推進力となる見込みである。

それでは、ジンコソーラーは一体どのように一歩ずつ先制のチャンスをつかむのでしょうか。「Cheetah」の製造において、ジンコソーラーは真っ先に従来のモジュールサイズの標準を突破し、量産出力は400Wに達した。「Cheetah」が発売されたところに、ジンコソーラーは市場で高いシェアを占めた。大きいサイズのモジュールが流行した時には、ジンコソーラーはモジュールの効率を向上させることに努め、技術改善の一体化能力を利用して、TR技術を採用したモジュールの量産出力を460Wで、効率20.9%まで達した。出力が450W以上のモジュールの開発費とランニングコストが高くなり、相手にとって、短い時間で間に合わないから、ジンコソーラーは太陽光発電市場での主導権を握くようになった。


モジュールプロセス技術の更新が遅くなりつつ、今後ジンコソーラーはTR技術、またはTR改良プロセス技術を使用する。2020年の春から展開するプロジェクトは新Tiger技術を採用することが可能である。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年9月30日時点で、太陽電池モジュールの総出荷量は3326MWで、総売上高は74.8億元(10億5千万ドルに相当)で、粗利率は21.3%であり、2019年第2四半期の粗利率は16.5%で、2018年第3四半期の粗利率は14.9%であった。営業利益は6.388億元で、前月比145.4%増、前年同期比237.1%伸びた。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.