2020年01月15日 15:00

HOYA株式会社、日本ライトハウスとの共催により、全国12盲学校対象に 暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」贈呈式を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOYA株式会社メディカル事業部(以下「HOYA」)は、2019年8月2日から10月31日の期間において実施された、社会福祉法人日本ライトハウス(以下「日本ライトハウス」)が発起人となっているクラウドファンディング『盲学校の生徒に星空を。暗闇で見える暗所視支援眼鏡を届けたい。』プロジェクトに協賛しました。

日本ライトハウスは、クラウドファンディング・システムを利用することにより、同期間において300万円を目標とした寄附金を集めることを目指しておりましたが、その結果、目標を大きく上回る348万円(達成率116%)の寄付が集まりました。
HOYAは、プロジェクトの成功を受けて、日本ライトハウスと協議し、当初予定であった10校に更に2校加えて、合計12校の盲学校に、暗所視支援眼鏡「HOYA MW10 HiKARI」を特別価格にて協賛することを決定しました。

HOYAと日本ライトハウスは共同で、昨年12月以降、対象となった盲学校に「HOYA MW10 HiKARI」の贈呈式を開催してきましたが、2020年1月9日の大阪府立大阪南視覚支援学校を最後として全12校への贈呈式を完了いたしました。

日本ライトハウス・サービス部長の岡田弥氏は以下のようにコメントしています。
「私たち日本ライトハウスは、これから社会で活躍される生徒様の可能性を支援するため、この暗所視支援眼鏡を全国の盲学校へ、くまなくお届けしたいと考えています。」
「併せて、視覚障がいについての理解促進や啓発になればと考えています。さらに、彼らの自立支援(就労支援・学業支援)に寄与できますよう、これからも様々なサービスや啓発活動を行い、視覚障がい者の方が様々なことにチャレンジしていただく環境の土台づくりを目指します。今後も、本寄贈プロジェクトは継続していきたいと考えております。」

今回寄贈を受けた12校は以下の通りです。
(1) 岩手県立盛岡視覚支援学校
(2) 千葉県立千葉盲学校
(3) 福井県立盲学校
(4) 京都府立盲学校
(5) 和歌山県立和歌山盲学校
(6) 奈良県立盲学校
(7) 大阪府立大阪南視覚支援学校
(8) 大阪府立大阪北視覚支援学校
(9) 兵庫県立視覚特別支援学校
(10) 神戸市立盲学校
(11)熊本県立盲学校
(12)埼玉県立特別支援学校 塙保己一学園

HOYAは今後も日本ライトハウスによる本寄贈プロジェクトを支援していきます。
千葉県立千葉盲学校 贈呈式

「HOYA MW10 HiKARI」はHOYA独自開発の小型低照度高感度カメラで捉えた像を、明るい映像として装用者の目の前の有機ELディスプレイに投影する眼鏡タイプのウェアラブル機器です。夜盲症の方々が本機器を装用することで、暗所においても対象物を自然な色彩で見ることができるようになります。本機器に関するお問い合わせはHOYA MWコールセンター(電話0570-003-487、平日10時半~17時)で受付けております。

HOYAについて
1941年に東京、保谷町(現在の西東京市)で創業したHOYAは、高度な先端技術を軸に、エレクトロニクスならびに医療関連製品を製造・販売する医療技術企業です。HOYAは現在「情報・通信」と「ヘルスケア」の事業領域において、光学レンズ、HDD用ガラスディスク、半導体、液晶パネル用の高精細部品、さらにはメガネレンズ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などの事業を展開しています。世界に150以上の拠点、子会社を有し、37,000人の社員を擁するグローバル企業です。メディカル事業部は、白内障によって白濁した水晶体を取り出した後に挿入する人工水晶体である眼内レンズを開発・製造・販売するHOYAグループの事業部門です。
詳細については、http://www.hoya.co.jpをご覧ください。
  • 医療、福祉

会社概要

商号
HOYA株式会社(ホーヤカブシキガイシャ)
代表者
鈴木 洋(スズキ ヒロシ)
所在地
〒160-8347
東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル 20F
TEL
03-6911-4811
業種
その他の製造・メーカー
上場先
東証一部

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.