2020年01月29日 13:00

シュナイダーエレクトリック、フォーチュン誌の「世界で最も称賛される企業」に3年連続で選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本リリースはフランス リュエイユ・マルメゾンで、1月27日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

・エレクトロニクス業界の4位に選出 - 社会的責任、経営と提供製品・サービスの質において高スコアを獲得
・「イノベーション」、「サステナビリティ」、「従業員への有意義な目的の提示」の取り組みが高く評価される

2020年1月27日、リュエイユ・マルメゾン(フランス)-エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、フォーチュン誌により2020年の「世界で最も称賛される企業」に選ばれました。今年はエレクトロニクス業界で4位となり、2019年より高い評価を受けました。

フォーチュン誌が毎年発表している「世界で最も称賛される企業」ランキングは、米国および世界で業界最高の収益を計上する「フォーチュン500」企業の調査に基づいて作成されています。52の業界における3,770人のエグゼクティブ、ディレクター、アナリストが、「イノベーション」、「人材管理」、「企業資産の利用」、「社会的責任」、「マネジメントの質」、「財務の健全性」、「長期的な投資価値」、「製品およびサービスの質」、「グローバルな競争力」という9つの基準に沿って、最優秀企業を選び、採点が行われます。シュナイダーエレクトリックは、「社会的責任」、「マネジメントの質」、および「製品およびサービスの質」部門でエレクトロニクス業界3位という高評価を受けました。

シュナイダーエレクトリックは、サステナビリティとインクルージョンに関するさまざまなランキングで評価されています。最近では、世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)にあわせて発表されるコーポレートナイツ社の「世界で最も持続可能な企業」に7年連続選出、CDP気候変動 Aリストに9年連続でリスト入りしました。また、世界のさまざまなセクターで男女平等に関する指標を提供する「2020年ブルームバーグ男女平等指数(GEI)」やフィナンシャル・タイムズ紙の欧州ダイバーシティ・ランキング「FT Diversity Leaders 2020」などにも選出されています。シュナイダーエレクトリックは、引き続きインクルージョンに対するコミットメント、活躍を推進する企業文化、あらゆる人々のためにサステナビリティを推進する長期的な取り組みをいっそう強化していきます。

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、全ての人がエネルギーとデジタルにアクセスできる環境を提供したいと考えています。エネルギーや資源を最大限活用することにより、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。世界をリードするエネルギー技術、リアルタイムオートメーション、ソフトウェアとサービスを「ビル、データセンター、電力インフラ、工場」向けに統合し、効率化と持続性を可能にするエネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供しています。
私たちは、意義深い目標と包括的で実行力を伴う価値観をもって、オープン、グローバル、そして革新的なコミュニティの発展に尽力します。 www.se.com/jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
シュナイダーエレクトリック(シュナイダーエレクトリック)
業種
製造・メーカー(機械)
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.