2020年02月19日 14:00

ソルベイのキータスパイア(r) PEEKパウダーが電気外科手術用金属チューブのコーティングに採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョージア州アルファレッタ、2020年2月19日 --- ソルベイは本日、Surgical Coatings, LLCが、電気外科手術用金属チューブのコーティング用途にキータスパイア(r) PEEKパウダーを採用したことを発表しました。キータスパイア(r)ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)パウダーが選ばれたのは、耐薬品性と耐疲労性に加えて、高温でも傑出した機械特性と寸法安定性が維持されるためです。生体適合性材料であるキータスパイアは加工が容易であり、また繰り返しの洗浄・滅菌にも耐えます。

Surgical Coatings社はファインパウダー(FP)PEEKグレードであるキータスパイア(r) KT-820FPとキータスパイア(r) KT-880FPを使用することで、高度な電気外科手術向けの静電塗装の適合性を高めています。キータスパイア(r) KT-820FPは低流動性グレードであり、美麗な表面仕上げが得られます。一方キータスパイア(r) KT-880FPは高流動性グレードであり、複雑な表面形状の塗装が容易です。キータスパイア(r) PEEKパウダーは品質と安定性に優れているため、Surgical Coatings社はコーティング厚さ1000分の1インチ単位(0.00254インチ/0.064516 mm)まで薄くすることが可能となりました。

電気外科手術用途のコーティングには、モノポーラー周波や高電圧、洗浄と滅菌の繰り返しに耐えることが近年求められるようになっています。電気外科手術では、外科用メスなどの手術器具を使わずに、電気周波による清浄な切開を行います。電気絶縁性があるキータスパイア(r) PEEK材料は、執刀医と患者様を感電から守るための、金属チューブへの紛体コーティングが可能です。

Surgical Coatings社の社長兼CEOであるJames Morris氏は次のように述べています。「新たな電気外科手術用器具の開発が加速し続けるなかで、お客様の要求をかなえる最善のサポートとなるような最先端のソリューションを提供することが、これまでになく求められています。その要求に応える材料として採用したのが、キータスパイア(r) PEEKパウダーでした。この高機能材料により、過酷な要求に応える電気手術技術の実現が可能となり、私たちのお客様が成功のために必要とするものを的確に提供できるようになりました。」

ソルベイのキータスパイア(r) PEEKパウダーを使用すれば、コーティングの厚さを均一にすることができるため、安定した特性を確保し、リスクを軽減することができます。市販の各種PEEKパウダーと比べ、ソルベイの材料は水分含量が少ないため、サイクルタイムの短縮とスループットの向上が実現します。乾燥時のエネルギー消費も低減します。その他のメリットとしては、ガス放出、寸法公差、表面欠陥の低減などが挙げられます。

Surgical Coatings社が求めていたのは、比類ないレベルのサービスを提供するとともに、豊富な製品群を持ち、そこから最良のソリューションを提案できるサプライヤーでした。また、色のカスタマイズができることも重要でした。美観を向上させ、自社のロゴに相応しい色を選び、ブランドを明確にするためです。その要望に対し、ソルベイの技術サポートチームは広範な知識と専門性で応えました。

「Surgical Coatings社は、医療機器分野で急速に増えつつある電気絶縁材料への高度な要求にソルベイのキータスパイア(r) PEEKパウダーを採用することで対応することができました」と、ソルベイスペシャルティポリマーズ、グローバルビジネス部門のヘルスケア 担当グローバルビジネスマネージャー、Jeff Hrivnakは語ります。「私たちの顧客ニーズに即した提案が今回の採用への成功を導いたのです。そこに、ソルベイと他のPEEKサプライヤーの違いがあります。今後、新しい電気外科手術機器でキータスパイア(r) PEEKパウダーを活用するケースが増えていくと考えています。」


Surgical Coatings社について
Surgical Coatings, LLCは、医療器具向けの優れた表面コーティングサービスを提供しています。同社は医療器具に特化したコーティングを行っており、対象製品は日々の重要な医療用途に利用されています。ISO 13485、IEC 60601、CGMPなどの規格や要求事項への準拠にも対応しています。Surgical Coatingsの高度なコーティング技術としては、仮想マスキング、自動クリーンルームコーティング、無欠陥コーティングなどがあります。詳細は http://www.surgicalcoatings.comを参照ください。

ソルベイについて
ソルベイは先端材料および特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んでいます。ソルベイは、多様なエンド・マーケットにおいて世界中のお客様とパートナーシップを組んでいます。製品は、航空、自動車、バッテリー、スマートデバイス、医療機器、採鉱や石油・ガス採取、効率や持続性の向上に使用されています。軽量化材料はクリーナーモビリティを促進し、フォーミュレーションズは資源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気や水質を改善します。当グループはブリュッセルに本社を置き、61か国に約24,500名の従業員を擁しています。2018年の純売上高は103億ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占める事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられており、EBITDAマージンは22%となります。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてEuronextに上場し(Bloomberg: SOLB.BB - Reuters: SOLB.BR)、また米国(SOLVY)においては、level-1 ADRプログラムで取引されています。財務統計には売却を発表したポリアミド部門が含まれています。

ソルベイスペシャルティポリマーズについて
ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。
詳細はhttp://www.solvayspecialtypolymers.comを参照ください。

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR ソルベイ担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Solvay SA(ソルベイ エスエー)
代表者
Jean-Pierre Clamadieu(ジャン・ピエール・クラマデュー)
所在地
〒-
BRUXELLES 1120Rue de Ransbeek 310, Neder-Over-Heembeek 
TEL
+32-2-2642111
業種
製造・メーカー(化学)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.solvay.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.