2020年03月31日 13:00

gNavi【特定技能申請手順<インドネシア編>】について解説したホワイトペーパーをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外国人エンジニア採用サイト「yoiwork」を運営する株式会社コントロールグループは、インドネシア人を特定技能ビザ(在留資格)で採用する際に行う手続や申請方法について解説したホワイトペーパーを3月31日より無料で提供開始いたしました。特定技能制度の活用を検討している企業担当者向けに、複雑な申請手順や採用プロセス等について、わかりやすく解説しています。

■ホワイトペーパー提供開始の背景
2019年4月より「特定技能」という在留資格が新設されました。日本国内における各業界の人手不足を踏まえ、14分野*(特定産業分野)に限定して「相当程度の知識または経験を必要とする技能」と認められた業務に従事できる「特定技能1号」と、限られた分野でのみ取得できる「特定技能2号」があります。日本と「二国間の協力覚書」を締結している12ヶ国*の外国人を中心に日本への受け入れが行われており、各国により申請に必要な書類や手続が異なる等、難解な点が多く複雑です。また、法務省や出入国在留管理庁から発表される制度や手続等に関する情報量は膨大であり、企業担当者が自ら情報を収集しまとめるには、多大な時間を要します。そこで、私たちは「特定技能」について知りたい企業担当者に向けて特定技能制度の概要や、二国間の協力覚書を締結している国によって異なる採用手順の特徴、採用までに必要な情報をまとめたホワイトペーパーを制作することにいたしました。本書はインドネシア人を特定技能制度で雇用する際の申請方法や必要な手続等について図解しています。本書を読むだけで特定技能制度や、受け入れの要件、インドネシアと日本の協力覚書によって指定されている採用手順、入社までの流れなどを体系的に知ることができます。

ホワイトペーパーのダウンロードはこちら
https://gnavi.yoiwork.com/whitepepar-specified-skilled-worker03

■本書の3つの特徴
1.「特定技能の採用手順」を理解するために必要な知識やプロセスを図解
「特定技能1号」の在留資格を取得した外国人は「1号特定技能外国人」と呼ばれています。すでに1,600人程度の1号特定技能外国人が国内で就労していると言われています。人手不足の業界にとって、特定技能の在留資格を取得した外国人をぜひ採用したいところですが、そのために必要な要件、手続等の専門的な知識を収集するには手間がかかります。本書では「特定技能」の概要や受け入れの要件等も解説しており、特定技能の活用を検討している企業担当者の方が特定技能1号外国人を採用する際に、実務に活かせる内容で構成されています。

2.「特定技能」を取得済み、もしくは取得見込みのインドネシア人の採用に必要な手続や流れを紹介
インドネシア政府と日本政府が締結した「二国間の協力覚書」により独自に定められたインドネシア人の雇用に必要な手続等も含め「採用までの流れ」を図解しています。また必要書類の一覧も掲載されており、本書を見ながら採用計画や実務に活かして頂けるように制作されています。

3.各監督省庁の協議会についても図解
「特定技能」により外国人を雇用する場合は、各監督省庁等が運営する「協議会」への加入が求められます。特定技能14分野の中でも、該当分野により加入が任意、または義務の場合と分かれます。本書では特定技能制度を活用するうえで知っておきたい協議会についてもわかりやすく図解しています。

【ホワイトペーパーは下記より無料でダウンロードいただけます】
https://gnavi.yoiwork.com/whitepepar-specified-skilled-worker03
-----------------------------------------------------------
【その他ホワイトペーパーはこちらからダウンロードいただけます】
https://gnavi.yoiwork.com/whitepaper-specified-skilled-worker01
https://gnavi.yoiwork.com/whitepaper-specified-skilled-worker02
-----------------------------------------------------------
【本リリースに関するお問い合わせ先】
https://employerhelp.yoiwork.com/hc/ja/requests/new
-----------------------------------------------------------

*14分野とは、1.介護業、2.ビルクリーニング業、3.素形材産業、4.産業機械製造業、5.電気・電子情報関連産業、6.建設業、7.造船・舶用工業、8.自動車整備業、9.航空業、10.宿泊業、11.農業、12.漁業、13.飲食料品製造業、14.外食業を指します。

*二国間の協議覚書を日本と締結した国は、フィリピン、カンボジア、ネパール、ミャンマー、モンゴル、スリランカ、インドネシア、ベトナム、バングラデッシュ、ウズベキスタン、パキスタン、タイ、です。(2020年3月末時点)

【株式会社コントロールグループ 会社概要】
株式会社コントロールグループは”誰でも使える便利なインターネットサービスを創る”というミッションのもと、AIを実装した外国人ITエンジニアマッチングサイト「yoiwork」(https://yoiwork.com/ja)、予約の完全自動化を実現する予約システム「RESERVA」(https://reserva.be)、日本で生活をするベトナム人を対象にした仕事・生活情報サイト「jNavi」(https://jnavi.yoiwork.com/vi)、外国人採用ノウハウを掲載した「gNavi」(https://gnavi.yoiwork.com)などを開発・運営しています。最先端の技術を、どんな人にも寄り添う形にして、それを必要とする誰もが気軽に利便性を享受できるサービスを提供していきます。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社コントロールグループ
商号
株式会社コントロールグループ(カブシキカイシャコントロールグループ)
代表者
谷本 秀一(タニモト シュウイチ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル4階
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://controlgroup.jp
公式ブログ
https://yoiwork.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.