2020年05月07日 14:00

巣ごもりライフの健康管理。飲酒改善アプリ「減酒くん」リリース ~飲酒量を純アルコール量に換算して、減酒への動機付けを工夫~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルアプリ開発の株式会社OHANA(東京都墨田区、代表取締役社長:鶴見文明)は、5月5日、iOS向け無料アプリ「減酒くん」の提供を開始しました。

『減酒くん』の主な機能は、(1)飲酒量を入力すると、お酒種別のアルコール濃度に基づき、1日の合計アルコール量を自動計算。(2)時系列で多様な方法で表示。(3)お酒を減らすモチベーションを無理なく楽しく維持できるよう、細かなカスタマイズが可能、です。

App Store URL:https://apps.apple.com/jp/app/減酒くん/id1510172085


開発背景: ~単なる飲酒記録ではなく、飲酒習慣の改善に繋ぐツールを~

自宅で過ごす時間が増える「巣ごもり」など、ライフスタイルの変化によるストレスでお酒の量が増える問題が指摘されています。
飲酒量を減らす第一歩は飲酒量の記録ですが、ただの記録アプリから一歩進み、ユーザーが減酒を達成し継続できるように、「減酒くん」の開発では4つの工夫を加えました。

その1:目標飲酒量と実際の飲酒量のギャップを常に意識させる表示
ドリンク数(1ドリンク=アルコール10g)に基づき、両者を常に比較して表示し、ユーザに達成ゴールを意識させます。
その2:表示の一覧性と多様性
親しみやすいカレンダー型のホーム画面の中で、過去の飲酒量も一覧できるように工夫。長期の推移は別画面で線グラフで表示します。数字以外に、絵文字など棒グラフで視覚的に表示します。
その3:高いカスタマイズ性
達成した日の自分へのご褒美や飲みすぎた日の戒め、減酒の決意などを象徴できるように、色テーマや飲酒量棒グラフを多彩な選択肢から選べます。基本機能でも、酒別のアルコール濃度や上限量、カレンダーの細かな調整等々、ユーザーの好みでカスタマイズ可能です。
その4:自主評価の必須化と、レビューの習慣化
1日の飲酒量を入力した後は、4段階の自主評価を必須項目にしています。現在の決意もコメントとして残せます。毎朝一括入力して評価、夕方の飲酒前にもう一度レビューする習慣をサポートサイトの「詳しい使用方法で」頁にてユーザーに対して推奨しています。



【アプリ概要】
アプリ名:減酒くん
提供開始日:2020年5月5日
カテゴリ:ヘルスケア
対応機種:[iOS] 13.2以降、iPhone、iPad、およびiPod touc
対応言語:日本語
利用料金:無料、ただし保存回数が30回までに制限される。制限解除はアプリ内課金で購入可能(250円)
URL:
App Store : https://apps.apple.com/jp/app/減酒くん/id1510172085
会社サイト(用語解説) :https://ohanakk.blogspot.com/p/blog-page_83.html
(使用方法):https://ohanakk.blogspot.com/p/blog-page_13.html

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】
株式会社OHANA 代表:鶴見
電話;090-1853-5497 Email: office@dear-ohana.com

  • ライフスタイル

会社概要

商号
株式会社OHANA(カブシキガイシャオハナ )
代表者
鶴見 文明(ツルミ フミアキ)
所在地
〒130-0021
東京都墨田区緑4-37-8-101 
TEL
03-6240-2190
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://ohanakk.blogspot.com
IR情報
https://ohanakk.blogspot.com
公式ブログ
https://ohanakk.blogspot.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.