2020年05月25日 12:00

店舗のれんからスマートフォンへ直行! QRコード/XPANDコードによる「スマートのれん」を発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
XPAND株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長 南木 徹)が開発運営する空間リンク「XPANDコード」。国内では全都道府県、約2,200か所の飲食店・コンビニ・宿泊施設・医療機関・公共施設・集合住宅等で利用が始まっています。
5月25日より、このXPANDコードとQRコードを活用し、のれんからスマートフォンへスムーズに誘導する「スマートのれん」を販売開始しました。
テイクアウトやデリバリーなど、店舗の外から利用者とつながっていく変革への第一歩として、役立つツールです。


1.XPAND「スマートのれん」について

(1)特徴
・のれんにXPANDコードまたはQRコードをプリントすることにより、街を歩いて気になった店舗のメニューを確認、その場でテイクアウトやデリバリーの注文を行うことができます。
・複数ののれん制作会社と連携、店舗に合ったサイズ・デザインで製作できます。通常の素材はもちろん、抗ウイルスタイプのれんなども選べます
・XPANDコードタイプの場合、6~18m先から読み取ることができます(のれんのサイズや素材・使用アプリ・設置環境により異なります)。
 参考:展示会での遠距離読取り動画
 https://www.youtube.com/watch?v=GgrWcHuXWjw

(2)スマホ側サービスについて
・店舗のウェブサイト、Uber Eatsなどのデリバリーサイト、その他誘導先のURLを自由に選べます。管理画面から何度でも変更可能です。
・独自のサービスが必要な場合、サイトやアプリの開発も別途承ります。

(3)「スマートのれん」のご注文について
店舗ごとのオーダーメードです。まずはサイズ・デザイン・スマホ側のサービス・予算感など、ご希望の内容をお知らせください。当社ではのれん製作とご希望URLへのリンク設定を承ります。
のれんの製作については、既存のお取引先など、業者指定も可能です。当社では、技術面のサポートを中心に連携して対応します。
・小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)など、公的助成の活用も可能です。
 https://r2.jizokukahojokin.info/corona/


2.XPANDコードについて

公共交通サインの多言語化・個別最適化といった課題解決のために産まれたのが「XPANDコード」。
「第3のバーコード」(日刊工業新聞)として注目されています。
https://newswitch.jp/p/14289

政府を始めとする公的機関から相次ぎ選ばれ、昨年後半より欧州・中国・ASEANと国内を巡回する「ユーラシアツアー」を実施。国内外での活用に取り組んでいます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000029164.html

国内では、全都道府県約2,200か所の飲食店・コンビニ(3大コンビニを含む)・宿泊施設・医療機関・公共施設・集合住宅等で利用が始まっています。
※2020年5月25日現在
※XPANDコード組込み商品「XPANDサイン」の設置を含みます
https://www.amazon.co.jp/s?k=XPAND+SIGN

XPANDコードを無料で作成できるサイト「XPANDコードジェネレーター」もオープン。
国内外で利用が始まっています。
自分でXPANDコードを発行し、DIYで「スマートのれん」を作ることもできます
https://xpand.codes/generator/


【XPAND株式会社 概要】
社名:XPAND株式会社(エクスパンド)
本社所在地:東京都中央区銀座6-6-1 銀座凮月堂ビル5F
本店登記地:埼玉県東松山市
事業内容:空間リンク「XPANDコード」及び関連商品・サービスの開発・運営・販売
設立年月日:2017年9月19日
  • 飲食、料理

会社概要

商号
XPAND株式会社(エクスパンドカブシキガイシャ)
代表者
南木 徹(ナンモク トオル)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
TEL
03-6215-8400
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://xpand.codes/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.