2020年07月08日 11:00

「今送ったそのデータ、“なかったこと”にできます」 セキュリティを後から遠隔コントロールできるDRMソリューション 「Security Control for PDF」を7月8日提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先進技術を活用したシステムインテグレーション事業を展開するスマート・スケープ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:吉田 隆)はPDF/3DPDFに対してセキュリティの遠隔コントロールを可能にするDRM※ソリューション「Security Control for PDF」の提供を7月8日に開始します。
※デジタル著作権管理
■『Security Control for PDF』とは
「Security Control for PDF」は、PDFの送付前に簡単操作でラベリングをすることで、閲覧可能な期日を設けたり、後からファイルを無効化したり、閲覧パスワードを変更するなど、セキュリティの遠隔コントロールを可能にするソリューションです。
■低コストなライセンス構造
一般的なDRMソリューションは、「ライセンスが高額」「ファイルの受け取り側の人数もライセンスが必要」など、導入にかかるコストが高額となる傾向があります。本ソリューションのライセンスは、18,000円/年~で利用可能な低価格設計となっており、セキュリティを付与する人だけライセンスを消費するため、受け取り側の人数にライセンスは左右されません。

■デジタル化推進でデータ共有・活用が進む中、漏洩リスクによる足踏みも
製造・土木・建築業ではデジタル化推進に伴い、文書データでのPDF活用はもちろんのこと、2DCAD図面のPDF共有や3DCADモデルの3DPDF共有により「合意形成の高速化」「認識祖語の減少」「作業効率化」を図ることがスタンダード化されつつあります。その一方で、データ漏洩による海外での模倣品製造(盗作)リスクやノウハウ流出リスクなどを懸念し、データ共有によるメリットに積極的ではない企業も多く存在します。
本ソリューションは、「パスワードを定期的に変更する」「ファイルを開ける期日を設ける」など、懸念するリスクを軽減し、ビジネスを加速するためのツールとしてご利用頂けます。
スマート・スケープは今後も先進技術を活用・応用した次世代ソリューションの提供に努め、お客様の業務課題改善に貢献して参ります。

■ソリューション概要
名称    :Security Control for PDF
提供開始日:7月8日
URL :https://www.3dpdf.jp/securitycontrol
商品に関する問合せ先:プロダクト事業部 製品担当者宛 3dpdf@smartscape.co.jp

■会社概要
社名   :スマート・スケープ株式会社
代表取締役:吉田 隆
設立   :2003年2月18日
所在地  :東京都港区港南1-8-40 A-PLACE品川8F
従業員数 :80名
資本金  :3,500万円
事業内容 :情報通信関連技術の研究開発、受託開発、販売ならびに情報通信関連技術を用いた
コンサルタント業務
関連企業 
:スマートエンジニア株式会社
:スマートインプリメント株式会社
:スマートホールディングス株式会社
U R L  :https://www.smartscape.co.jp/


【お問い合わせ先】
スマートホールディングス 広報事務局
担当:柴山(携帯070-1389-0172)
E-mail: pr@netamoto.co.jp 
TEL 03-5411-0066 
FAX 03-3401-7788
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
スマートスケープ株式会社(スマートスケープカブシキガイシャ)
代表者
吉田 隆(ヨシダ タカシ)
所在地
〒106-0032
東京都港区六本木6-6-2 
TEL
03-6434-9717
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.smartscape.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.