2020年07月29日 11:00

ユニバーサル・オーディション「ルーツ」新たな審査員&スタッフ発表!サウンドロゴ制作にLicaxxx、審査員に木下半太、脚本・演出家に柳英里紗、外山文治ら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ゴールは映画出演!」
リモート演劇と国際映画祭向け長編映画の出演者を募集中の、オーディション・プロジェクト「ルーツ」。
2020年7月29日新たに情報追加!!
今回、新たな審査員&共同クリエイターとして、サウンドロゴ制作にLicaxxx、審査員に木下半太、脚本・演出家に柳英里紗、外山文治らが決定!!
また、8月1日(土)21時からは、Q&Aに答えるYouTube番組ライブ配信も決定。


 映画&演劇プロデューサー、映画監督、脚本家、放送作家、写真家など全国のベテラン&新進気鋭クリエイターたちが主催し、出演者を募集中のユニバーサル・オーディション「ルーツ」。
 リモート・オーディションで抜擢されたメンバーは(1)プロの演出家から演技のワークショップを無料で受講できる、(2)最終合格者はリモート演劇公演に出演し、(3)2021年に制作予定の長編映画(国際映画祭向け)作品にも出ることができる、という斬新なオーディションプロジェクトです。
 リモート演劇では自分自身の記憶や体験を原作にし、共同クリエイターと共にディスカッションをしながら制作するというユニークな取り組みとなります。
 さらに、このオーディションの特徴は、演劇経験も性別も身体的特徴も全く問わない、誰にでも開かれた「ユニバーサル・オーディション」であること。オーディション~ワークショップ~稽古~公演の全てをブラインド(顔出し無し、声のみ)で参加することもできます。


 今回「ルーツ」に参加する新たなクリエイターが決定しました。配信番組のサウンドロゴを制作するのはDJとして世界で活躍するLicaxxx。審査員にはベストセラー作家であり、映画監督でもある木下半太、2丁目出身ライターとして注目を浴びるアロム奈美江。リモート演劇の演出・脚本家には村上虹郎最新作「ソワレ」が期待される外山文治、女優の傍ら近年は映画監督などマルチに活動する柳英里紗、演劇界からは、武田宜裕(劇団INAGO-DX/広島)と松島寛和(劇団シアターホリック/高知)などそれぞれ業界のプロフェッショナルが集結しました。
 また、8月1日(土)21時から、参加予定者のQ&Aに答えるYouTube番組がライブ配信されることも決定しております。
「ユニバーサル」の言葉のごとく様々なジャンルで集結したクリエイターたちは一体どんな人を選び、どんなリモート演劇と映画を制作するのか!?ぜひこのプロジェクトの今後にご期待ください。

公式ツイッター:@roots_universal
公式サイト  :https://www.roots-universal.com
お問い合わせメールアドレス:rootsuniversal@gmail.com

新スタッフ・プロフィール

[サウンドロゴ製作]
Licaxxx(DJ)
東京を拠点に活動するDJ。DJとして国内外のビッグフェスやクラブに出演する他、世界各国のラジオにDJMIXを提供しメゾンブランドのコレクションやCM等、幅広い分野への楽曲提供を行う。世界中のDJとの交流の場を目指しているビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。

[審査員]
木下半太(映画監督・脚本家・小説家)*脚本家・演出家も兼任
劇団「ニコルソンズ」主宰。「なにわニコルソンズ」団長。「悪夢のエレベーター」で作家デビュー。同作は映画化され話題に。「悪夢」シリーズは累計80万部を突破。斎藤工主演「鈴木ごっこ」やロックンロール・ストリップ」で映画監督をつとめる。

アロム奈美江(ライター)
ゲイ雑誌編集者を経て、新宿2丁目を中心にナイトクラブでショーガールの他、ホステス、MC,イベントオーガナイザー、ライター等、"女装なんでも屋”として活動中。著書に「永遠ていう安室奈美恵なんて知らなかったよね。ー新宿2丁目も愛した歌姫ー」がある。

[脚本・演出家]
外山文治(映画監督)
1980年福岡県生まれ。「此の岸のこと」('10)がモナコ国際映画祭2011・短編部門最優秀作品賞を受賞。「燦燦-さんさん-」は第六回シネマプロットコンペティションにてグランプリ受賞。「映画監督外山文治短編作品集」はユーロスペースの2週間レイトショー観客動員数歴代1位を樹立。

柳英里紗(俳優・映画監督)
主な出演作に「天然コケッコー」(’07)、「チチを撮りに」(’13)、「ローリング」(’15)、「凪の海」(’20)など。2020年主演作「すずしい木陰」が公開。待機作に「人数の町」がある。近年では映画監督としても活躍しマルチな才能を見せる。コギトワークス所属

武田宜裕(脚本家・演出家・俳優/劇団INAGO-DX/広島県広島市)
1976年群馬県出身、広島在住。公務員の傍ら、劇団INAGO-DX代表として活動。日本劇作家協会中国支部副支部長。第1回・第2回中国ブロック劇王決定戦、四国劇王IIで優勝。

松島寛和(脚本家・演出家・俳優/劇団シアターホリック/高知県高知市)
2002年に高知に移住し、劇団シアターホリックを旗揚げ。脚本、演出、俳優として関わる。高知市を中心に活動をしながら四国四県をはじめ、名古屋、熊本などツアー公演も精力的に行う。県内外への脚本提供も多数。

[ルーツ募集要項]
●公募期間
・2020年年7月10日(金)~8月7日(金)23:59分まで
・ブラインド参加(顔出し無し、声のみ)希望者は応募時に申請。
・第一次審査結果は合格者のみ、2020年8月22日までに通知。

●応募資格
・演技経験、国籍、性別は問わず。年齢18歳から39歳(2020年7月10日時点)

●合格者特典
・自身の体験を元にしたリモート短編演劇を脚本家、演出家と共同で制作
・演出家による演技指導を受講(週1回程度、日程応相談)
・2020年10月17,18日開催予定のリモート演劇公演「ルーツFes(仮)」に出演
・2021年に撮影・公開予定の長編映画(国際映画祭出品予定)に出演する権利

●スケジュール
・8月21日(金):一次審査発表(書類・動画審査通過者)
・8月28日(金):ヒアリング・ワークショップを経て、二次審査発表
・9月18日(金):ヒアリング・ワークショップを経て、最終審査発表(合格者は20名を予定)
・以降、演出家・脚本家と個別面談を行い、共に脚本を開発~公演演目決定~稽古
・10月17日(土)、18日(日):リモート演劇公演「ルーツFes(仮)」に出演
*2021年は長編映画(国際映画祭向け)に出演

●注意事項
・審査、ヒアリング、ワークショップは全て、オンライン・リモートで行います。
・ワークショップ、オーディション費用は一切かかりません。

ユニバーサル・オーディション「ルーツ」
公募期間:募集中~8月7日(金)締切
企画・プロデュース:石塚慶生「こんな夜更けにバナナかよ」「ディストラクション・ベイビーズ」


当取り組みをご紹介くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
ルーツ(ルーツ)
代表者
石塚 慶生(イシヅカ ヨシタカ)
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://roots-universal.com
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.