2020年08月19日 10:00

大雨による浸水被害、施工不良、売主との交渉、管理会社の撤退・・・ マンション理事の駆け込み寺・・SOSなんでも相談所OPEN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)とマンション管理組合向けコンサルティングを行う "不動産の達人 株式会社さくら事務所"(東京都渋谷区/社長:大西倫加)では、8月18日、分譲マンションの理事に向けた「マンション管理SOSなんでも相談所」をOPENしました。
分譲マンションの理事の業務範囲は幅広く、また管理会社や分譲会社以外に、利害関係のない専門家の意見が重要になるケースも多々あります。
SOSなんでも相談所では、水害や地震などの自然災害の調査や今後の対策について、外壁タイルや構造スリットなどの建物の瑕疵調査、管理会社からの突然の撤退など、さまざまなお悩みにお答えします。ここでは、そのほんの一例をご紹介します。同様のお悩みのマンション理事さまは、お気軽にご相談ください。

さくら事務所が過去にコンサルティングを行ったSOS事例

HELP! 大雨で機械式駐車場の地下が浸水、地下に停めてあった車両が水没!
近年増加する水害。機械式駐車場や半地下住戸の浸水被害についてのお問合せをいただきますが、新築時の配慮不足に起因するケースも。分譲会社・施工会社の全額負担で、機械式駐車場を含む駐車場全体に、ブロック塀の防潮堤を設置するなどの対策を行った例もあります。

HELP! 理由は人手不足だけじゃなかった!管理会社の突然の撤退
ヒヤリングの結果、一部居住者が管理会社の失態を理由に、委託費の減額・返金を求める、上層部に長々とクレーム文書を送る、などの対応が発覚。管理会社が匙を投げてしまったことが判明。新たな委託先との契約とともに、管理会社との付き合い方を含め、マンションの管理組合運営についての問題点を明らかにし、理事会をはじめ改善に向けて一つずつ改善していくことになりました。

HELP! 地震で外壁タイルが大量に剥落!命の危険も・・・原因は地震じゃなかった?
東日本大震災で外壁タイルが大量剥落。幸い被害はなかったものの人命にも関わる危険な状態だったことが発覚。原因調査を行った結果、原因が当初の建築工事の不備に起因するものだと判明し、施工会社の全額負担で2年半に渡り補修を行いました。

くわしくはこちら
https://www.s-mankan.com/contents/trouble.html


■不動産の達人 株式会社さくら事務所■(東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加)
https://www.sakurajimusyo.com/
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行う「不動産の達人サービス」を提供、2020年7月末日現在で49,000組を超える実績を持っています。


  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社さくら事務所(カブシキガイシャサクラジムショ)
代表者
大西 倫加(オオニシ ノリカ)
所在地
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー101
TEL
03-6455-0011
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.sakurajimusyo.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.