2020年09月11日 18:00

映画『突然失礼致します!』関係者向け完成試写会 オフィシャルレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国180名の大学生が監督として参加する長編オムニバス映画『突然失礼致します!』(熊谷宏彰総監督/製作:A_JAPARATION_FILM/宣伝:ザーズラック・エンターテインメント)。9月1日に完全版がYouTubeで公開されたことを記念し、東京都内のアテネ・フランセ文化センターで11日、関係者向け劇場試写会を行った。

映画『突然失礼致します!』の劇場公開はこの日が初めて。長野県からの後援のもと、政府・自治体・会場の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づく対策を講じ、首都圏を中心に本作の製作に参加した監督・スタッフ・メンバーら50人が集まった。
(写真:感染予防対策に検温を行うスタッフ)

上映を前に、製作委員会のスタッフが登壇。
司会を務める村悟企画原案の案内で、製作総指揮を務めた熊谷宏彰総監督と監修の小城大知製作委員がZoom経由であいさつした。

熊谷総監督は「劇場公開できたということは感無量、非常に感慨深い」と、参加者と劇場スタッフへの感謝を述べ、「このコロナ禍においても我々学生の持つ熱いエネルギーの炎は消えることがなかった。その成果が今回の劇場公開という形で実った」と感動をあらわにした。「自分は旗振り役に過ぎない」と改めて参加監督・スタッフへの感謝を述べ、「どうぞ本日は楽しんでください!」と呼びかけた。

劇場公開に向けて尽力した小城委員は劇場スタッフへの感謝を述べると、「今回は劇場(一般)公開を目指した、その前の関係者向け上映会。ぜひともYouTubeでの上映と異なる劇場ならではの本作品を体感いただけたら」と語った。

本作には著名な映画監督をはじめとした映画関係者からも続々とコメントが寄せられている。試写会にあわせて、大ヒットを記録したインディペンデント映画『カメラを止めるな!』のキャストからは動画コメントが届けられ、「(学生映画と自分達の)考えていることは同じ。応援します」(谷口智和役・山口友和様)、「家にずっといることに飽き飽きしている学生たちが、同じベクトルで一つのことをやろうとするときのエネルギーは凄い」(曽我大臣役・曽我真臣様)など本作品への応援メッセージをいただけた。
(写真:村氏の持つスマートフォンからZoomで語りかける熊谷総監督。)

いよいよ本編の上映が開始。8月16日までに製作された全作品177本が一挙上映された。
迫力あるオープニングアニメ映像は劇場音響も相まって臨場感をもって映画のはじまりを演出。大スクリーンで繰り広げられる短編映画の数々は190分以上という上映時間を忘れさせ、試写会に参加した監督の作品が流れる度に会場は静かな興奮に包まれた。

また同時に、会場となったアテネ・フランセ文化センターにおいて、年明けから開始する劇場公開の第一弾として、本企画に参加した全180作品の一般向け上映会を行うことが発表された。続報は映画『突然失礼致します!』公式サイトおよび公式SNSなどをチェックしてほしい。

今後の劇場公開では、全作品が上映される機会はアテネ・フランセ以外では未定。他劇場での公開に向けて作品を厳選するため、現在作品の人気投票が実施中だ。

・作品公開URL(YouTube) : http://totsuzen-movie.zi.cr/
・作品投票URL : https://a.japaration.jp/voting.php
[撮影:伊藤 潤・坂元祐文 / 文:福井健一郎(合同会社ザーズラック)]



■ 映画『突然失礼致します!』について

2020年上旬、コロナウイルスの感染が拡大し、創作においても課外活動の自粛を余儀なくされました。そんな中、ある大学生が発した「突然失礼致します!」という一言が、コロナウイルスに活動を阻まれた、映像文化に携わる全国の大学生を動かしました。

映画というものは元来「光の芸術」と呼ばれています。暗闇を照らす一筋の光は私たちに様々な体験を提供してきました。しかし、現在その状況は脅かされ、私たちは日々不安を抱えながら、閉塞した世界で生活しています。私たちはこの世界を僅かに照らす一筋の光を日本中から集め、一つの映画を作りました。

映画を愛する多くの人たちへ。ひとときの安息として、この映画を捧げます。

映画『突然失礼致します!』概要(順不同・敬称略
【運営団体名】A_JAPARATION_FILM 『突然失礼致します!』製作委員会
【総監督/製作総指揮】熊谷宏彰
【監督】各作品監督たち180名
【企画協力】村 悟、玉山佑典、天野雄喜 【企画原案】村 悟【アニメーション監督】山口健人
【監修】北川 琳、川島藍丸、小城大知、伊藤 潤、佐藤才起、玉山佑典
【製作】北川 琳、川島藍丸、小城大知、伊藤 潤、佐藤才起、布川太平、大橋将太郎、佐藤桂一、林 龍太郎、伊藤大晴、山口健人、中村星太、坂元祐文、中畑 智、福井健一郎、磯山晴彦、森 孝史、村 悟、玉山佑典、天野雄喜
【クレジット表記】(C) 2020 A_JAPARATION_FILM All Rights Reserved.
【後援】群馬県/長野県(上映後援)/小諸市/群馬テレビ/CINEMA PLANNERS/高崎映画祭/高崎フィルム・コミッション/まち映画制作事務所/株式会社フェローズ/井坂優介(映画監督、『幽霊アイドルこはる』PFFアワード2015入選)/橋本根大(映画監督、『東京少女』第30回東京学生映画祭短編グランプリ受賞)/大野キャンディス真奈(映画監督、『歴史から消えた小野小町』第30回東京学生映画祭観客賞受賞)/片山 拓(映画監督、最新作『かさぶた』など)
【認証】内閣官房「beyond2020プログラム」
【宣伝】ザーズラック・エンターテインメント
【『突然失礼致します!』特設ホームページ】 https://a.japaration.jp/
【『突然失礼致します!』予告編(YouTube)】https://youtu.be/nCEUpzYKcsw
【クラウドファンディング募集ページ】https://camp-fire.jp/projects/304356
【関連リンク】
Twitter(@A_JAPARATION) https://twitter.com/A_JAPARATION
Instagram (@a_japaration) https://www.instagram.com/a_japaration

「A_JAPARATION_FILM」 組織概要

名称:A_JAPARATION_FILM
(読み:ア・ジャパレーション・フィルム)
設立年月日:2020年4月21日
代表者名:熊谷 宏彰
所在地:群馬県前橋市南町3-50-2 プラザ・アン2C 合同会社ザーズラック内
事務局:合同会社ザーズラック

「合同会社ザーズラック」会社概要

商号:合同会社ザーズラック
英文商号:Zazrak Corporation
設立:2017年3月17日
代表社員:代表執行役員社長 福井 健一郎
本社所在地:群馬県前橋市南町3-50-2 プラザ・アン2C
本店所在地:長野県佐久市長土呂1912-2
URL : https://zi.cr/
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

合同会社ザーズラック
商号
合同会社ザーズラック(ゴウドウガイシャザーズラック)
代表者
福井 健一郎(フクイ ケンイチロウ)
所在地
〒371-0805
群馬県前橋市南町3-50-2 プラザ・アン2F C号
TEL
050-5240-7965
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://zi.cr/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.