2020年10月23日 17:30

10月25日(日)16時より開催 日本臨床カンナビノイド学会ウェビナー 医療用大麻の入門と教育プログラムの紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)は、医療従事者向け教育サイトMM411日本サイト開設にあたり、無料ウェビナーを開催いたします。

特に、最近日本臨床カンナビノイド学会の会員になった方、または今後会員になりたい方はぜひご参加いただければと思います。

●2020年10月25日(日) 16:00pm~17:00pm

テーマ:「カンナビノイド医学基礎コース」開講記念合同ウェビナー
場所 :ウェビナー形式(WEBINAR JAM)
講師 :新垣実(日本臨床カンナビノイド学会理事長、(医)新美会新垣形成外科院長)
参加費:無料
対象者:医療従事者の方から一般の方まで、どなたでも参加可能。
内容 :
1) カンナビノイド医学(医療用大麻)とは (10分)
2) 学会設立とこれまでの取り組み (10分)
3) 世界との差、25年の遅れを取り戻すには (5分)
4) カンナビノイド医学基礎コースについて (10分)
5) チャット形式での質疑応答 (20分)
主催 :MM411 Inc.
    日本臨床カンナビノイド学会

参加登録はこちらへ
https://event.webinarjam.com/go/live/1/l8kqqfytmhxhr
【用語説明】

●カンナビノイド

カンナビノイドとは、大麻草に含まれる100種類以上の特異成分であり、1990年代に内因性カンナビノイド・システムの発見によって神経及び免疫等の体内調節に重要な役割があることが解明されつつあり、この分野での研究が急速に進展しています。また、19年1月にWHO/ECDD(依存性薬物専門委員会)では、医療利用の道を閉ざしていた大麻草の麻薬指定の見直しの勧告が発表され、この分野の国際的な関心が高まっています。現在、世界42カ国以上で医療利用が合法化されています。

●MM411 Inc. http://medicalmarijuana411.jp/

「Help people, Heal people, Make a difference(人を助け、人を癒し、変化をもたらす)」をテーマに、MM411はグローバルマーケットにおけるカンナビノイド医学教育に精通した主要パートナーと協力し合い、カンナビノイド医学教育に取り組む団体を通し、世界各国へカンナビノイド医学生涯教育の認定プログラムを提供するよう努め、現在、アメリカをはじめ、カナダ、フランス、イスラエル、ブラジル、南アフリカで展開しています。

●日本臨床カンナビノイド学会 http://cannabis.kenkyuukai.jp/

2015年9月に設立し、学会編著「カンナビノイドの科学」(築地書館)を同時に刊行した。同年12月末には、一般社団法人化し、それ以降、毎年、春の学術セミナーと秋の学術集会の年2回の学会を開催している。2016年からは、国際カンナビノイド医療学会; International Association for Cannabinoid Medicines(IACM)の正式な日本支部となっている。2019年7月段階で、正会員(医療従事者、研究者)95名、賛助法人会員17名、賛助個人会員51名、合計163名を有する。
  • 医療、福祉

会社概要

商号
一般社団法人日本臨床カンナビノイド学会(イッパンシャダンホウジンニホンリンショウカンナビノイドガッカイ)
代表者
新垣実(アラカキミノル)
所在地
〒142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8 昭和大学薬学部薬物動態学教室内
TEL
03-3784-8611
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
その他
会社HP
http://cannabis.kenkyuukai.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.