2021年03月30日 17:00

RaspberryPiRP2040に対応したIoT組み込み開発ツールの販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年3月30日、Segger社の正規代理店であるポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷)はRaspberryPiRP2040に対応したJ-link組み込み開発ツールの販売を開始いたします。

マイクロコントローラは、世界のデジタルトランスフォーメーションを推進する主力製品であるSEGGER J-Link、Flasher、EmbeddedStudioが、RaspberryPiRP2040をサポートするようになりました。RP2040は、Raspberry Pi Foundationのデビューマイクロコントローラであり、SEGGERJ-Linkによって完全にサポートされるようになりました。

RP2040は、デュアルCortex-M0+コアを備えており、どちらもJ-Linkを使用してプログラムおよびデバッグできます。J-Linkの市場をリードするパフォーマンスは、RP2040 RAM全体を0.25秒でプログラムし、340kB/sでQSPIフラッシュにダウンロードします。また、フラッシュメモリ内でも無制限の数のブレークポイント、SEGGER GDBサーバーが含まれているため、すべての一般的な開発環境と互換性があり、SEGGERのリアルタイム転送(RTT)は、インタラクティブユーザーI / Oの実績のあるテクノロジです。

J-Linkをサポートすることで、SEGGERのソフトウェアツールのポートフォリオ全体をEmbedded Studio、SystemView、Ozone、およびJ-Linkツールで利用できるようになります。これらには、コマンドラインプログラムと、J-Flash、J-Flash SPI、J-Scope、J-Link Configurator、およびSEGGERGDBサーバーのGUIバージョンなど、GUIツールの両方が含まれます。

SEGGER J-Linksは、市場で最も広く使用されているデバッグプローブのラインです。それらは、10年以上にわたって組み込み開発に確かな価値を提供してきました。比類のないパフォーマンス、豊富な機能セット、サポートされている多くのCPU、一般的な環境との互換性により、J-Linkは他に類を見ない選択肢となっています。

Raspberry Pi Pico評価ボードには、2MBのQSPIフラッシュがオンボードで付属しており、外部の3ピンSWDデバッグコネクタが付属しています。J-Linkで簡単かつ確実に使用できるようにボードをセットアップするには、SEGGERフライングワイヤーアダプターをお勧めします。対応するピンは、使用前にボードにはんだ付けする必要があります。RP2040を搭載したカスタムボードでは、J-Linkでサポートされている他のQSPIフラッシュも使用できます。

「SEGGERがRP2040をサポートするようになったことを非常に嬉しく思います。これにより、エコシステムが大幅に拡大します。これにより、ラズベリーパイ財団の最初のマイクロコントローラの人気が高まると確信しています。」と、ラズベリーパイ財団の最高製品責任者であるゴードン・ホリングワース氏は述べております。

SEGGERは、学生や愛好家がそのツールを使用してさらなる教育を行い、情熱的なプロジェクトを構築し、キャリアを積むことを奨励しています。SEGGERは、人気のあるJ-Linkデバッグプローブの教育版も提供しています。J-LinkのEDUとJ-LinkのEDUミニは、最小限のコストで教育目的のために利用可能です。世界中のどこにいても、学生が専門的なツールを利用できるようにすることで、すべての人に機会が開かれます。SEGGERは、次世代の組み込みエキスパートを誇らしげにサポートしています。

◆J-LinkとFlasherファミリーについて
SEGGER J-Linksは、市場で最も広く使用されているデバッグプローブのラインです。J-Linkは、組み込みアプリケーションでのインタラクティブなユーザーI / Oの実証済みテクノロジーであるRealTime Transfer(RTT)や高速サンプリング(HSS)などの機能を備えており、商用ツールチェーンからGDB駆動のもの。J-Linkには、リアルタイムデータ視覚化用のJ-ScopeとJ-LinkデバッガーであるOzoneが付属しています。

SEGGERのインサーキットフラッシュプログラミングツールのFlasherファミリは、実稼働環境に最適です。サイズ、柔軟性、移植性、セキュリティ、または大量生産に重点を置いているかどうかにかかわらず、SEGGER Flasherファミリーには、目前のタスクに最適なプログラマーがいます。

ポジティブワンは、RaspberryPiRP2040に対応した開発ツールの販売だけではなく、ソフトウエアの開発も行っております。

【SEGGER社について】
SEGGER Microcontrollerは、組み込みシステム向けのソフトウェア、ハードウェア、開発ツールのフルレンジサプライヤです。同社は、手頃な価格で、柔軟で使いやすいツールとコンポーネントを使用して、開発プロセス全体を通じてサポートを提供しています。SEGGERは、急速に発展するIoT、エッジコンピューティングのニーズを満たすセキュアな通信とデータおよび製品セキュリティのためのソリューションを提供します。Segger社は1992年に設立され、着実に成長しています。詳細については、以下をご覧ください。https://www.segger-pocjapan.com

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ポジティブワン株式会社(ポジティブワンカブシキカイシャ)
所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
TEL
03-3256-3933
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.positive-one.com
IR情報
https://www.positive-one.com
公式ブログ
https://www.yoshin-kan.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.