2021年05月26日 15:00

注目の国際的NFTマーケットに、日本人写真家が300点以上の作品を出品。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年5月25日、飯島意匠(神奈川県足柄下郡湯河原町)の代表・飯島正樹は、世界最大のNFTマーケット「opensea.io(米国)」に、日本人写真家として単独で300件以上の作品を出品しました。

NFTとは、デジタルアート(映像、画像、音楽等)や、ゲームアイテム、デジタルトレーディングカード等に対して対して発行した「代替不可能(Non Fungible)」な「トークン(Token)」の略称です。
「トークン」とは、本来は「証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券」などの意味を持つ英単語ですが、IT分野では「何かを証明するデータ・装置」などのことを意味します。NFTの登場によって、デジタルデータに対して、唯一無二の「所有権」という無形資産を付与することが可能になりました。
opensea.ioでは、アート作品の他、トレーディングカード、ゲームアイテム等を取り扱っていますが、アート分野だけで既に200万件以上のNFTが発行されています。
とはいえアート分野に限れば、多くはまだシンプルなデジタルイラストやアイコン、現代アート的作風の画像が大半を占めています。写真作品の出品は極度に少なく、むしろ「ほとんど無い」とさえ言える状況です。ことに日本の写真家による作品発表は、ごく初期に試験的に数点が発行されて以来、ほとんど状況は変化していません。
このたび飯島意匠では、1990年代から撮影してきた高品質銀塩写真から、最新のデジタル写真まで、総計300点以上(5/25現在313点)についてNFTを発行しました。その内容は「美しい日本の風景写真」にとどまらず、「現代日本の日常」や、飯島意匠の構想・実行している「新しい価値観に基づく生活」を暗示する作品を発表しています。(5/25現在204点)
https://opensea.io/collection/hinamameki
また、2011年3月11日に津波被災によって失われた、宮城県東松島市「余景の松原」のモノクロ高解像度写真(1999年撮影)も発表しています。(約6000万画素相当高解像度、27点)
https://opensea.io/collection/yoge-no-matsubara1999

肖像権に配慮しつつ都市を活写したフォトコラージュの発表もあります。(82点)
https://opensea.io/collection/people-s-daily-life-theme-tatazumai
opensea.ioでは、その場で世界中の誰もがどこからでも「デジタルアート」を鑑賞できます。NFTでの売買は「所有権」に限られます。デジタルデータは完全な複製が可能であり「全てが本物」です。ところが複製が容易という特性ゆえ、多数複製されて作品の人気が高まれば、「所有権の価値」も上がり、これはNFTの転売価格に反映されることが期待されます。opensea.ioでは、購入したNFTを、オークションに出品することも出来ます。
決済は仮想通貨「イーサリアム」で行うため、仮想通貨の財布に相当する「ウォレット」というサービスに加入する必要がありますが、ウォレットの加入は無料です。

神奈川県足柄下郡湯河原町という関東地方西端の田舎町から、たった一人の写真家個人がデジタルアートとしての写真を、世界に向けて本格的に発信をし始めたことは、現代アートの新しい扉を開くことになるでしょう。
https://opensea.io/collection/hinamameki
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
飯島意匠(イイジマイショウ)
代表者
飯島 正樹(イイジマ マサキ)
所在地
〒259-0303
神奈川県足柄下郡湯河原町4-12-1 大上荘201
TEL
0465-62-5593
業種
コンテンツ
従業員数
10名未満
会社HP
https://iijiman.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.