2021年05月27日 09:00

高齢化が進み、感染症が広がるなか高まる在宅医療ニーズ エピソードからひも解く“在宅医療のあるべき姿”『事例でわかる! 家族のための「在宅医療」読本』2021年6月1日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『事例でわかる! 家族のための「在宅医療」読本』(内田 貞輔著)を2021年6月1日に発売いたします。

在宅医療の専門医による「在宅医療」読本の第2弾。在宅医療の実際について多数の事例を交えて紹介。在宅医療導入を検討されている方はもちろん、医療現場で働く人たちにもおすすめの一冊です。

新型コロナウイルス感染症の拡大で、定期通院が必要な患者さんを中心に注目を集めている「在宅医療」。
同書は2017年に出版した『1時間でわかる! 家族のための「在宅医療」読本』の第2弾。前著では在宅医療の基礎知識を中心に紹介してきたが、今回は在宅医療を受けている患者さんの事例を多数紹介し、ケースごとに詳しく解説しています。
これから在宅医療の導入を検討したいと思っている患者さんやご家族はもちろん、在宅医療に関心のある医師や看護師、介護スタッフなどにも役立つ一冊となっています。

【書籍情報】
書 名:『事例でわかる! 家族のための「在宅医療」読本』
著 者:内田 貞輔(ウチダ テイスケ)
発売日:2021年6月1日
定 価:1200円(税抜)
体 裁:四六版・並製/198ページ
ISBN :978-4-344-93256-2

【目次】
はじめに
Part0:在宅医療を知っていますか?
Part1:在宅医療を始めるまでの物語
Part2:患者・家族と在宅医療チームの信頼を築く
Part3:「在宅で長く過ごす」ためのサポート
Part4:最終段階こそ、在宅医療の良さがわかる
Part5:在宅看取りで、命を受け継ぐ
Part6:在宅医療の「質」が問われる時代
おわりに

【著者プロフィール】
内田 貞輔 (うちだ ていすけ)
医療法人社団貞栄会理事長。医学博士。栃木県出身。2007年聖マリアンナ医科大学卒業。2013年聖マリアンナ医科大学内科学講座助教授。2015年より静岡ホームクリニック院長。2016年11月に同クリニックを法人化し、医療法人社団貞栄会を設立。静岡市駿河区を中心に在宅医療に従事してきた。また、東京都港区には三田在宅診療クリニック、千葉県千葉市には千葉在宅診療クリニックがある。日本在宅医療連合学会在宅専門医・指導医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、日本内科学会総合内科医、難病指定医師 肢体不自由児指定医師、緩和ケア研修修了医。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プロモーション部 前川 優香
電話番号:03-5411-6440 Email:yuka_maekawa@gentosha.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(ゲントウシャメディアコンサルティング)
代表者
久保田 貴幸(クボタ タカユキ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-6440
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gentosha-mc.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.