2021年06月14日 12:00

ZAC 管理会計に関するアンケート調査を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経営者・役員の79%が、ある日突然プロジェクトが赤字になっている「いきなり!赤字」を経験。コロナ以前に比べて増加傾向に!?

株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川田 篤、以下「オロ」)は、2021年6月7日、経営者・役員492名に対して、「管理会計」に関するアンケート調査を実施しました。


・経営者・役員の79%が、順調に推移していた案件が、ある日突然、赤字になっている「いきなり!赤字」を経験
・コロナ以前に比べて「いきなり!赤字」案件が増加傾向
・一方で、管理会計に注力できている企業の59%コロナ禍でもプラス成長を達成
・管理会計に注力できている企業の75%が、適切な経営の意思決定(リソース配分、資金調達、市場開拓など)をスピード感を持って実行できていると回答
・「いきなり!赤字」問題解消のために、管理会計の精度を上げることが急務


■経営者・役員の79%が、順調に推移していたプロジェクトが、ある日突然、赤字になっている「いきなり!赤字」を経験
「いきなり!赤字」について質問したところ、「よくある」8% 、「たまにある」22%、「昔はよくあった」10% 、「昔はたまにあった」9%と回答。「ほとんどない(なくはない)」30%を加えると、およそ79%の経営者・役員の方が「いきなり!赤字」を経験していることがわかりました。

■コロナ以前に比べて「いきなり!赤字」案件が増加傾向に
「いきなり!赤字」が「よくある」「たまにある」と答えた方に、コロナ以前と比べて「いきなり!赤字」の案件は増えましたか?と質問したところ、1.5倍(19%)、2倍(23%)、3倍(12%)、4倍(3%)、5倍以上(1%)、10倍以上(5%)とコロナ禍で、「いきなり!赤字」になる案件が増加傾向にあることが分かりました。
■一方で、管理会計に注力できている企業の59%がコロナ禍でもプラス成長を達成
管理会計の分析に注力できている企業( 「注力している」122社、「やや注力している」168社)では、コロナ禍でも59%がプラス成長を達成していることがわかりました。
■管理会計に注力できている企業の75%が、適切な経営の意思決定(リソース配分、資金調達、市場開拓など)をスピード感を持って実行できていると回答

■「いきなり!赤字」問題の解消のために、管理会計の精度を上げることが急務!
〈調査概要〉
調査方法:インターネット上でのアンケート調査
調査対象:経営者・役員 492名
調査実施日:2021年6月7日~10日


■クラウドERP「ZAC」を活用し、独自の管理会計で、創業から22年間連続で黒字を実現!

オロの常務取締役・藤崎邦生はメイン商材であるクラウドERP「ZAC」を活用し、独自の管理会計を実践。オロの創業時から参画し、2017年に東証マザーズ上場、翌年、東証一部上場実現。現在も「ガラス張りの経営」を目指して精度の高い管理会計を追求しています。管理会計で「安定的成長」を実現するための具体的実践例を紹介するインタビュー記事を公開中です。ぜひご覧ください。
「上場企業の経営者が実践!ケースで学ぶ管理会計」
https://www.oro.com/zac/blog/zac-column-management-accounting/
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

株式会社オロ
商号
株式会社オロ(オロ)
代表者
川田 篤(カワタ アツシ)
所在地
〒153-0063
東京都目黒区目黒3-9-1 目黒須田ビル
TEL
03-5724-7001
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.oro.com
IR情報
https://www.oro.com/ja/ir/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.