2021年07月07日 09:00

中国ジンコソーラー日本法人、三井住友銀行などから45億円調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年7月2日、中国の大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングは、日本法人のジンコソーラージャパン(東京都中央区)が、三井住友銀行が幹事を務める銀行団(コンソーシアム)から総額45億円を調達し、6月末に融資を受けたと発表した。

この度の調達資金の45億円は、ジンコソーラージャパンの運転資金の確保や、業務拡大に伴う成長投資への活用を目的としている。三井住友銀行によるジンコソーラージャパンへの融資は、2016年から続いて6回目になる。

ジンコソーラー最高財務責任者の曹海雲氏は、次のように伝えている、「三井住友銀行が幹事を務める銀行団(コンソーシアム)からの融資は、2016年からです。銀行団には、ジンコソーラージャパンの運営状態、財務内容、及び将来の業務発展に対して自信をもって頂いています。弊社は、引き続きブランド力の強化を図り、急成長している日本市場を把握し、銀行団との協力関係を一層深めていきます。」


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。2021年3月31日において、ジンコソーラーのシリコンウェーハの生産能力が約22GW、太陽電池が11.5GW、太陽光発電モジュールが31GW となりました。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.