2021年07月30日 13:00

【社会人の行動調査アンケート】71%がマスクによるコミュニケーションの弊害を感じているという結果に。専門家はマスクはコミュニケーションの本質に立ち返る良いきっかけにして欲しいとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニケーションスクール「コミュトレ」を運営している株式会社アイソルート(代表取締役野田雄彦、以下「当社」)は、20代から40代以上の社会人を対象に、マスク着用時のコミュニケーションの弊害と解決方法に関するアンケート調査を実施しました。

以下は、調査日2021年7月5日に、当社のコミュニケーション教育サービスの講義参加者である、男女31名から回答を得たものです。

1.マスクによるコミュニケションの弊害があると感じていますか?
アンケートでは、「とても感じている…4名、感じている…18名、どちらともいえない…6名、感じていない…3名、まったく感じていない…0名」という結果になった。

「とても感じている」「感じている」との回答が全体の71%を占めており、「まったく感じていない」と回答したのは0名であった。

2.項目1の回答の「理由」や「事例」を具体的に教えてください(自由回答)

「とても感じている」「感じている」と回答した22名の内、16名が「表情が読み取りにくい」「声が通らない」と回答。他に「コロナ禍で知り合った人は、マスクの顔しか知らないままコミュニケーションをとっている」という回答も複数件あった。

「どちらともいえない」「感じていない」の回答者9名の内、3名が「1年以上経過したので、慣れた」という意見であった。

3.マスク着用時のコミュニケーションで気をつけていること、工夫していることはありますか?(自由回答)

「コミュトレ」にて、コミュニケーションの技術を学んでいる受講生たちから、主だったところでは以下の回答があった。

「目・目尻の表情に意識を向ける」「手によるリアクションをオーバーにしています」

「通常よりも大きい声を出すことを意識してます。」「少し大きめにうなずくとか、リアクションしてみる」「明るめの声にしている。」「見えていない口元も口角を上げるようにしている。」

【コミュニケーションの講師からのコメント】

マスク越しのコミュニケーションを考える際、「どう話すか」に意識が向きがちです。

しかし、マスクをしていても、コミュニケーションの本質は変わりません。その本質とは「自分の思いを正確に伝えたい」という意欲です。

その好例は、コロナ禍以前からマスクを常用していた医療従事者です。彼らに対して「マスクをしているから、何を言いたいのか分かりにくい」と不便に感じたことはあまりなかったことでしょう。その理由は、彼らが「患者に、正確に理解してもらいたい」と考えてコミュニケーションをとっていたからです。

そう考えると、マスクはコミュニケーション上の「障壁」というよりも、むしろ本質に立ち返る良いきっかけとも言えます。

とはいえ、多くの方が指摘するように、マスク越しだと表情が隠れたり声がこもりがちになります。なので会話するときは、伝える意欲に加えて、「表情を豊かにする」「大きめの声で話す」など心がけると、良いでしょう。

【調査実施:コミュトレについて】

株式会社アイソルートが運営するコミュニケーションスクール「コミュトレ」では、日本のビジネスパーソンのコミュニケーション能力を向上させるべく、目的ごとに17種類のコースを設け、実践トレーニングを行ってきました。受講生は実際にキャリアアップや職場の人間関係向上など、一定の成果を上げています

社名:株式会社アイソルート

設立:1999年9月

代表:野田雄彦

事業内容:パッケージソフトの開発/コンピュータシステムの開発/ネットワーク運用管理/人材教育・コンサルティング事業
  • ライフスタイル

添付資料

会社概要

商号
株式会社アイソルート(カブシキガイシャアイソルート)
代表者
野田 雄彦(ノダ タケヒコ)
所在地
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13F
TEL
03-6276-6200
業種
教育関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.