2021年07月30日 18:00

植物ベースの食肉市場ーソース別(小麦、大豆、エンドウ豆、その他);タイプ別(鶏肉、豚肉、魚、牛肉、その他);製品別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは調査レポート「植物ベースの食肉市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 30日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

市場の成長は、消費者の間でビーガニズムの成長傾向、動物の権利についての意識の高まりと植物ベースの肉の健康上の利点についての意識の高まりに起因する可能性があります。世界がビーガンになれば、2050年末までに750万人以上の人命を救うことができると推定されています。さらに、1.3兆米ドルを超える価値のある気候被害を回避することもできます。

植物ベースの肉製品の生産のための主要な食品業界のプレーヤーによる多額の投資は、近い将来に市場の成長を後押しすると予測されるいくつかの要因です。また、革新的なマーケティング戦略と正しいポジショニングによって売上を伸ばすという企業の重要性の高まりは、今後数年間で市場に十分な成長の機会を提供すると予想されます。

アジア太平洋地域の市場は、地域での健康的なライフスタイルの採用の増加を背景に、予測期間中に注目に値する成長を目撃すると推定されています。これに伴い、日本、中国、韓国などで主食としての豆腐やテンペの消費が拡大することも、今後この地域の市場成長を牽引すると予想されます。中国の豆腐産業は2020年に250億米ドル以上の収益を生み出しました。

この市場の成長は、同じ年の末までに最大6%に達しました。さらに、北米は、汚染された肉製品を消費するリスクに対する意識の高まりと植物ベースの市場における新興企業の強い存在感により、予測期間中に最大の市場シェアを獲得すると予測されています。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3155

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。

● 植物ベースの食肉市場は、(2022ー2030年)の予測期間中に約19%のCAGRで成長することにより、大きな収益を獲得すると推定されています。
● 植物ベースの食肉市場は、ソース別(小麦、大豆、エンドウ豆、その他);タイプ別(鶏肉、豚肉、魚、牛肉、その他);製品別(ソーセージ、ストリップ、バーガーパティ、ナゲット、ミートボール、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
● 植物ベースの食肉市場における業界のリーダーはImpossible Foods Inc.、Maple Leaf Foods、Beyond Meat, Inc.、Conagra, Inc.、Unilever UK Ltd、Kellogg NA Co.、Gold&Green Foods Ltd.、Amy's Kitchen, Inc.、VBites Food Limited、Marlow Foods Ltd.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
● 植物ベースの食肉市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
植物ベースの食肉市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
I. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
II. 北米(米国およびカナダ)
III. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
IV. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
V. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
● レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3155

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com

【調査レポートの日本語に詳細内容について】
https://www.researchnester.jp/reports/plant-based-meat-market/3155

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/plant-based-meat-market/3155

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
  • 飲食、料理

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2021年09月24日 09:30
バーチャルケア/ヘルスケアデリバリー市場-プラットフォームタイプ別(ビデオコンサルテーション、オーディオコンサルテーションなど);およびコンポーネント別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年
2021年09月24日 09:30
くも膜下出血手術装置市場-デバイスタイプ別(分流デバイス、顕微手術用クリップ、カテーテル、その他);手術タイプ別;エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年
2021年09月24日 09:30
核廃棄物管理市場ー原子炉タイプ別;廃棄物タイプ別(低レベル廃棄物、高レベル廃棄物、および中レベル廃棄物);アプリケーション別(ユーティリティ、産業)-グローバル需要分析および機会の見通し2030年
2021年09月24日 09:30
産業廃棄物管理市場-サービス別(収集、焼却、リサイクル、埋め立て、その他);エンドユーザー産業別(化学、一次金属、石油、金属鉱業、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2030年
2021年09月24日 09:30
有害廃棄物管理市場-廃棄物タイ別(可燃性、腐食性、感染性、放射性など);処理タイプ別(焼却、オートクレーブ、化学処理);サービスタイプ別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.