2021年10月18日 11:00

【矢野経済研究所プレスリリース】冷凍パン生地・冷凍パン市場に関する調査を実施 (2021年)~コロナ禍で市場トレンドが大きく変化したため、2020年度の冷凍パン生地・冷凍パン市場規模は大きく減少~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の冷凍パン生地、冷凍パン市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2020年度の冷凍パン生地・冷凍パン市場(事業者売上高ベース)は、前年度比89.4%の1,630億7,700万円と大きく減少した。

冷凍パン生地、冷凍パンの市場を概観すると、2019年末までは新たな需要分野への拡大で、より加工度の高い製品への需要シフトが進み、カフェチェーンやレストラン、ブライダル(披露宴)、カラオケ、テーマパーク等、ホイロ(発酵機)を持たない施設や店舗での冷凍パンの需要拡大が市場を牽引したが、2020年春先に発生したコロナ禍で市場トレンドは大きく変化した。

2.注目トピック~冷凍パン(半焼成冷凍、焼成後冷凍(製品冷凍))の動向

半焼成冷凍パンと焼成後冷凍パンは、いずれも利便性を強みとして販売チャネルを拡大すると共に、急速に市場浸透した。 且つては輸入品が中心であったが、現在は国内メーカーが本格参戦している。
2020年度における冷凍パン(半焼成冷凍、焼成後冷凍(製品冷凍))の市場規模は、前年度比88.2%の263億2,600万円となった。 コロナ禍の拡大で、市場を牽引した需要分野が低迷し市場も縮小した。

3.将来展望

2021年度の冷凍パン生地・冷凍パン市場規模は、前年度比103.3%の1,684億8,600万円の見込で、内訳は冷凍パン生地が同103.9%の1,421億5,000万円、冷凍パンは同100.0%の263億3,600万円になると予測する。2021年度はコロナ禍で縮小した市場がやや回復する見通しである。
コロナ禍の反動を除き、2022年度以降は年率3%程度で市場拡大し、2025年度の同市場は1,944億9,000万円の市場規模になると予測する。パン市場全体が横這いで推移する中、冷凍パン生地・冷凍パン市場は、より利便性が高くホテルや外食産業など業務用に強い冷凍パン(半焼成冷凍と焼成後冷凍(製品冷凍))が市場を牽引する見込みである。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2819

調査要綱
1.調査期間: 2021年7月~9月
2.調査対象: 国内メーカー、輸入商社等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、電話等によるヒアリング調査、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2021年09月29日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
https://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.