2021年11月04日 09:00

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAX メンバーがドバイで開催された世界最大の宇宙業界の国際会議「国際宇宙会議(IAC2021)」に参加!国際論文を23本発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)の代表山崎を含む5人のメンバーが、2021年10月25日から29日までドバイのワールドトレードセンターで開催された世界最大の宇宙業界の国際会議、第72回国際宇宙会議(IAC 2021)に参加し、ASTRAX民間宇宙事業創造教育訓練センターや太陽系経済圏構想、ASTRAX月面シティプロジェクトやユニバーサル人材教育とスーパーニュータイプの育成についてなど、メイン著者7人、共著者11人による国際論文を23本発表しました。

(image credit:IAF)
【今回ASTRAXが発表した国際論文】

ASTRAXでは、民間による宇宙サービスに関わる国際論文を23本発表しました。

以下に発表論文タイトル(英語・日本語)、著者、共著者、発表者を示します。

【1】ASTRAX LUNAR CITY Development Project 2021
ASTRAX月面シティ開拓プロジェクト2021
著者:山崎大地、共著者:川上泰子、発表者:川上泰子

【2】Commercial Space Mission Support Control Center and Suborbital Spacecraft Simulator to Support Commercial Space Missions and Passengers’ Activities in Space
商業宇宙ミッションと宇宙での搭乗者の活動をサポートするための民間宇宙ミッション支援管制センターとサブオービタル宇宙船シミュレーター
著者:山崎大地、発表者:山崎大地

【3】Initiative of the Development of the Solar System Economic Bloc by Using Blockchain Technology
ブロックチェーン技術を活用した太陽系経済圏構築構想
著者:山崎大地、発表者:山崎大地

【4】Space Fashion and Space Culture in the Age of Space Travel and the Possibilities of “Space Hagoromo”
宇宙旅行時代の宇宙ファッションと宇宙カルチャー及び“宇宙羽衣”の可能性
著者:山崎大地、共著者:イスラム未加、発表者:イスラム未加

【5】Making ASTRAX ACADEMY Online, e-Learning, Digital X-Formation, and Multilingual
「ASTRAX ACADEMY」のオンライン化、e-ラーニング化、デジタル化、及び多言語化について
著者:山崎大地、共著者:川上泰子・岩崎恵一・三村哲史、発表者:山崎大地

【6】Potential Future Plan of Space Izakaya as a Place to Create New Private Space Business
新たな民間宇宙ビジネス創出の場としての宇宙居酒屋の将来性
著者:山崎大地、共著者:岡田ゆかり・岡田裕喜、発表者:山崎大地

【7】Fostering Universal Human Resources and Super Newtypes for the Space Age
ユニバーサル人材の育成と宇宙時代のスーパーニュータイプの養成
著者:山崎大地、発表者:竹川学

【8】Demand and Supply Matching by the ASTRAX LUNAR CITY Business Community and Residence Club
ASTRAX月面シティのビジネスコミュニティとレジデンスクラブによる需要と供給のマッチング
著者:山崎大地、共著者:千葉俊輔、発表者:山崎大地

【9】Outline of ASTRAX Private Space Business Development Education and Training Center
ASTRAX民間宇宙事業創出教育訓練センターの概要
著者:山崎大地、共著者:竹川学、発表者:竹川学

【10】Prototype Plans for Various Commercial Spacecraft Education and Training Simulators
さまざまな民間宇宙船教育訓練シミュレーターの試作計画
著者:山崎大地、発表者:山崎大地

【11】Experiments on Coloring Soap Bubbles under Microgravity
微小重力下でのシャボン玉の着色に関する実験
著者:山崎大地、共著者:山崎優希、発表者:山崎大地

【12】Study of the Selection of Location for Commercial Spaceports in Japan
日本における商業宇宙港の立地選定に関する研究
著者:山崎大地、発表者:川上泰子

【13】Space Radiation Shielding by Water Dome in ASTRAX LUNAR CITY on the Moon
ASTRAX月面シティのウォータードームによる宇宙放射線の遮蔽
著者:山崎大地、発表者:山崎大地

【14】Introduction of a Practical Example of ASTRAX LUNAR CITY Mapping with Minecraft and Its Linkage to Economic Activities on Earth
マインクラフトを使ったASTRAX月面シティのマッピングの実践例と地球上の経済活動との連携の紹介
著者:山崎大地、共著者:中江川宙樹、発表者:山崎大地

【15】Development of a Civilian Spacecraft Interior Simulator Using Minecraft
マインクラフトを用いた民間宇宙船内部シミュレーターの開発
著者:山崎大地、共著者:中江川宙樹、発表者:イスラム未加

【16】Proposal to Add a Space Economics Subcommittee to the UN Office for Outer Space Affairs' Committee on the Peaceful Uses of Outer Space(COPUOS in UNOOSA)
国連宇宙局の「宇宙空間の平和利用に関する委員会」(COPUOS in UNOOSA)に「宇宙経済小委員会」を追加する提案
著者:山崎大地、発表者:川上泰子

【17】The Gender Gap and Its Impact in Manga, Anime and Other Space Creations
マンガ・アニメなどの空間演出におけるジェンダー・ギャップとその影響
著者:黒野亜矢子、共著者:黒野晴史・山崎大地、発表者:山崎大地

【18】Career Design in Space - From Challenged to Challenging
宇宙におけるキャリアデザイン - 障害者から挑戦者へ
著者:黒野亜矢子、共著者:黒野晴史・山崎大地、発表者:黒野亜矢子

【19】The Effects of Using Minecraft to Learn Space for Kids
マインクラフトを使って子どもたちに宇宙を教える効果
著者:黒野晴史、共著者:中江川宙樹・黒野亜矢子・山崎大地、発表者:山崎大地

【20】About Maintain the Health of Pilot and Crew
パイロットとクルーの健康維持
著者:今泉朋子、共著者:山崎大地、発表者:川上泰子

【21】Consideration on the Creation of a Chicken Egg Market at the Moon Village
月面ビレッジでの鶏卵市場の創設についての検討
著者:山崎大地、共著者:岡真美・井尻由里子、発表者:山崎大地

【22】Problems and Solutions that are Preventing More Women from Becoming Space Tourists
宇宙旅行者になる一般女性を増やすことを妨げている問題点と解決方法
著者:川上泰子、共著者:山崎大地、発表者:川上泰子

【23】Consideration on the Future Prospects of the Space Flight Attendant (SFA) Profession with the Expansion of Space Travel Marketing
宇宙旅行マーケティングの拡大に伴うスペースフライトアテンダント(SFA)という職業の将来性についての考察
著者:髙橋千惠子・桐原祐子、共著者:山崎大地、発表者:川上泰子

なお、これらの論文の本文については、国際宇宙航行連盟(IAF)のデジタルライブラリーおよびASTRAX国際論文ページで読むことができるようになる予定です。

国際宇宙航行連盟デジタルライブラリー
https://dl.iafastro.directory/search/?q=ASTRAX

ASTRAX国際論文ページ
https://astrax-by-iss.wixsite.com/astrax-conference/manuscript

また、ASTRAXは、来年パリで開催される第73回国際宇宙会議(IAC 2022)で200本以上の国際論文を発表することを目指して準備を始める予定です。詳細については後日発表いたします。
【国際宇宙会議(IAC)とは】
国際宇宙航行連盟(IAF)が主催し、年に1度世界のある都市で開催される、宇宙業界では世界最大の国際会議です。
2021年は、10月25日から29日の5日間の会期でモハメド・ビン・ラシッド宇宙センター(MBRSC)がホストを務め、ドバイのワールドトレードセンターで開催されました。110カ国から5,000人以上の参加者が集まり、「Inspire, Innovate and Discover for the Benefit of Humankind(人類の利益のためのインスピレーション、革新、発見)」というテーマのもと多数のプレナリー、テクニカルセッション、スペシャルセッション、IAF GNFパネル、そして90社以上が出展する展示会が行われました。
来年は、2022年9月18日から22日までフランスのパリで、「Space for @ll」をテーマに第73回国際宇宙会議(IAC 2022)が開催される予定です。
「宇宙といえばASTRAX!」
ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.