2021年12月02日 12:00

第23回ミレニアム・サイエンス・フォーラム、英国大使館で11/12(金)開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月12日(金)、第23回ミレニアム・サイエンス・フォーラムが駐日英国大使館で開催されました。

本フォーラムでは、第23回サー・マーティン・ウッド賞の受賞者、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の東後篤史(とうごあつし) 氏に、駐日英国大使のJulia Longbottom CMGより賞状と記念品が授与されました。

また、東後氏による受賞研究題目、「材料科学に資するフォノン物性予測のためのオープンソースソフトウェアの開発」の講演も行われました。

第23回サー・マーティン・ウッド賞授賞式のウェブサイト
http://www.msforum.jp/about_msf/activities/
ミレニアム・サイエンス・フォーラムとは?
ミレニアム・サイエンス・フォーラム(会長、川合 眞紀)は、1999年3月、日英の科学技術交流のためのフォーラムとして創設されました。オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社は、単一スポンサーとして、本フォーラムに協賛しています。

フォーラムの目的は、以下の3点です。

1. 日本における凝縮系科学研究者の皆様に交流の場を設けること
2. 凝縮系科学に係る若手研究者に対してIncentiveとMotivationを与えること
3. 日英の科学技術交流の場を増やすこと

フォーラムの活動として毎年、駐日英国大使館において、日英両国からゲストスピーカーをお招きしたサイエンス・フォーラムを開催しています。また、日本における若手研究者の研究活動促進の一助として、「サー・マーティン・ウッド賞」を設け、フォーラムにおいて受賞者を表彰すると同時に、国内外での授賞記念講演会を開催しています。

ミレニアム・サイエンス・フォーラムについて、詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.msforum.jp/about_msf/

サー・マーティン・ウッド賞
サー・マーティン・ウッド賞は、ミレニアム・サイエンス・フォーラムのサポーターであるオックスフォード・インストゥルメンツ社の創業者にちなんで名づけられました。日本の研究機関において、凝縮系科学分野におけるすぐれた業績を上げた45歳以下の若手研究者に贈られます。また、受賞者には、賞状・賞金のほか、英国の大学への講演旅行の機会が与えられます。

受賞者は、サー・マーティン・ウッド賞選考委員会の厳正なる審査により、選出されます。

<選考委員会>
委員長 福山 秀敏 東京理科大学理事長補佐
伊藤 耕三  東京大学大学院教授
小形 正男  東京大学大学院教授
高梨 弘毅  東北大学金属材料研究所教授
田原 太平  理化学研究所主任研究員
辻 伸泰    京都大学大学院教授
常行 真司  東京大学大学院教授
寺崎 一郎  名古屋大学大学院教授
細野 秀雄  東京工業大学元素戦略研究センター長・栄誉教授
毛利 哲夫  北海道大学名誉教授
森 初果   東京大学物性研究所所長

サー・マーティン・ウッド賞について、詳しくは以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.msforum.jp/about_sir_martin/

本プレスリリースについてのお問い合わせ
ミレニアム・サイエンス・フォーラム事務局
〒140-0002
東京都品川区東品川3丁目32番42号 ISビル
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社内
TEL:03-6732-8966

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社(オックスフォード・インストゥルメンツカブシキガイシャ)
代表者
合田 豊治(ゴウダ トヨハル)
所在地
〒140-0002
東京都品川区東品川3-32-42 ISビル
TEL
03-6732-8965
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.oxinst.jp/
IR情報
https://www.oxinst.jp/investors
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.