2022年01月17日 09:00

ライブ配信!椹野道流・中村航・鬼瓦レッドによる特別鼎談~『晴耕雨読に猫とめし』について語ります【1/17 14時半より】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ステキコンテンツ合同会社(本社:東京都中央区 代表:中村 航、以下 ステキコンテンツ、当社)は、当社が運営するYouTubeチャンネル「ステキチャンネル」において、小説家の椹野道流さんをお迎えしての特別鼎談のライブ配信を行います。ぜひご覧ください。

▼ 配信日時
2022年1月17日(月) 14時半頃より

▼ 配信URL
https://www.youtube.com/watch?v=U--D9XWCZh0

▼ 概要
小説投稿サイト「ステキブンゲイ」にてエッセイ『晴耕雨読に猫とめし』を毎週水曜日に更新している、小説家の椹野道流さんをお迎えして、小説家でステキコンテンツ代表の中村航、そして本エッセイ連載の仕掛け人である、上野明正堂のカリスマ書店員・鬼瓦レッドさんが鼎談を行います。
『晴耕雨読に猫とめし』を中心にトークしていただきます!

『晴耕雨読に猫とめし』は、下記のURLにて大好評連載中!
https://sutekibungei.com/novels/8fb67ecd-d05f-4d7f-a3e2-cdbd287b179a


▼ プロフィール
・椹野道流(ふしの みちる)
2月25日、兵庫県生まれ。小説家。
1996年、『人買奇談』で講談社の「第3回ホワイトハート大賞」のエンタテインメント小説部門で佳作を受賞し、翌年1997年に同作品でデビュー。同作に始まる「奇談」シリーズは、人気を集めロングシリーズとなった。
1999年に『暁天の星 鬼籍通覧』でスタートした「鬼籍通覧」シリーズや、2005年にスタートした「貴族探偵エドワード」シリーズなど、多くのロングセラーを持ち、魅力的なキャラクター描写で読者の支持を集めている。
2014年にスタートした、料理がテーマの青春小説でファンタジックストーリーが魅力の「最後の晩ごはん」シリーズは、芦屋市が主な舞台の人気作品。2017年にはシリーズ累計発行部数60万部を突破し、2018年にドラマ化された。
Twitter| @MichiruF

・中村航(なかむら こう)
小説家。2002年『リレキショ』にて第39回文藝賞を受賞しデビュー。『100回泣くこと』ほか、『デビクロくんの恋と魔法』『トリガ―ル!』等、映像化作品多数。
アプリゲームがユーザー数全世界2000万人を突破したメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』のストーリー原案・作詞等幅広く手掛けており、若者への影響力も大きい。
2020年3月末に一般文芸向け小説投稿サイト「ステキブンゲイ」をスタートさせ、作家の発掘・育成にも力を入れている。

・鬼瓦レッド(おにがわられっど)
東京上野の創業100年以上の老舗書店「明正堂書店」のカリスマ書店員。
書店員歴20年以上。コミックス(文芸+仕掛け文庫)担当、商品開発室 室長。


※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
ステキコンテンツ合同会社(ステキコンテンツゴウドウガイシャ)
代表者
中村 航(ナカムラ コウ)
所在地
〒104-0051
東京都中央区  
TEL
050-5849-0446
業種
コンテンツ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.suteki-contents.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.